彼氏の就職先が飲食業になった!という悩みを持つ女性

「彼氏の就職先が飲食業になった」と悩んでいる女性は多いみたいです。
今回はその辺について元飲食業の私が思うところを書いてみます。ちなみに付き合う際の心得は別途まとめているのでそちらを参考にしてみてください。

参考:なかなか会えない!飲食店で働く彼氏を持つ際に心得ておきたいこと

 

「恥ずかしい」という考え

「労働環境がハードなのではないか?」云々以前に「飲食業なんて恥ずかしい」という考えの方もいるようです。私は飲食店に勤めていたということもあり、恥ずかしいとかそういう意識は全くありません。というか、何が恥ずかしいのだろう?

職業で人を選ぶ、という方は自分の好きな職業に就いているパートナーを探してみてはいかがでしょうか。
考え方は人それぞれなので否定はしないですが、ここでは割愛したいと思います。

まあ、世の中で一部の飲食店がブラックだと報じられていることもありこのへんのイメージはあるのかもしれませんね。私も引退した身なので偉そうなことは言えないですがちょっと残念。

 

労働環境面での心配

パートナーとして特に気になるのが労働環境の部分でしょう。飲食業は一般的にかなりハードな仕事と言えます。
私が勤めていた会社も働いていた最後の方にはほとんど休みがなかったです。おそらく世間的にもそのイメージが強いでしょう。
これに関しては、地域や会社によって環境は大きく異なるので「飲食」イコール「環境がキツい」というわけでは必ずしもありません。

ただし、ハードなところは多いので実際に働いてみた結果、その環境はどうか、というところですね。
働いてみて辛そうであれば無理をして続ける必要はないのかなと思います。根を詰めすぎているようであれば話を聞いてあげるのが良いでしょう。
そこでもし「辞めたい」ということであればそれを否定せず受け入れてあげるのもパートナーの役割かなと思います。

一方で「まだ頑張りたい」と本人が言っているようであれば、そこはきちんと見守ってあげましょう。心配だからといって無理に辞めさせようとするのはよくありません。

 

飲食は地獄のような環境なのか?

この項を読んでいる方は「彼氏の就職先が飲食で(まだ働き始めてないけど)本当に大丈夫かな?」という人でしょう。
もちろん仕事はそれなりにハードというのはあります。ただ、地獄のような環境なのかというとそうでもなく、社員同士の懇親があったり、あるいはアルバイトの人のように一般的には接する機会のない人と仲良くなれたりもします。
飲食でよく言われる「人が好きだからやっている」という言葉は嘘ではなく、人とのコミュニケーションが根幹にあるのでそういう面では面白く、楽しい仕事と言えます。

最終的には実際に働いてみてどうか、というのが判断のしどころですね。

 

もし転職の段取りが決まっていなかったらおすすめしたいサイト

これから転職を始めようという人に当サイトのおすすめ転職関連のサービスを紹介します。まだどうやって転職を進めるか決まっていない場合に参考にしてみてください。
転職はどれくらい情報を掴めるかがカギになっているので転職サイトと転職エージェントに登録して求人幅を広げ、口コミサイトで会社の情報収集をするいう方法をおすすめしています。(すべて登録無料)

▶リクナビNEXT(転職サイト)
求人最大手リクルート系列の運営する転職サイトです。日本最大級の転職サイトなのでここにしか掲載されていない限定求人が87%も。転職を始めようと思った時にはまずはここから。私も転職活動で使ったことがあります。

▶ランスタッド(転職エージェント)
私が実際に使ったことのあるエージェントです。転職の展望がぼんやりしていた時に相談しても適切な回答をもらえました。自分の書いた職務経歴書・履歴書に対してのアドバイスや希望の職種の非公開求人などの紹介もしてくれます。また自分に合ったゆったりとしたペースで転職活動ができたのも良かったです。

▶キャリコネ(口コミ情報サイト)
転職の際に特に気になる企業の情報を集めるためのクチコミサイト。転職活動をする際にはまずここに登録しておいて時間のある時に自分自身で情報収集をすることが重要です。 面接などで聞きにくい給与の情報や休日出勤・残業の状態などが詳細にわかります。


コメント投稿は締め切りました。