転職の面接で短所を聞かれた時の対処法

転職の面接試験で「あなたの長所と短所を教えて下さい」という定番の質問。
長所はなんとなく言いやすいものの、短所の場合は自分の悪いところを言わなくてはいけないのでちょっと躊躇してしまいますよね。

そこで面接で短所を聞かれた時のそもそもの面接官の意図とベストな回答方法のテンプレートを紹介します。

 

面接官が見たいのはその人の「客観性」

私も面接官をやっているのでこの質問はよくしますが、あまり深い意味がないことが多いです(笑)。
敢えて言うのであれば面接の序盤で「履歴書・職務経歴書ではわからない人となりを知りたい」「自分のことを客観的にどのように見ているかを知りたい」といったところでしょうか。自己PRの一貫ですね。
深い意味はないとはいえ面接の一環なのでその人の回答方法によってはマイナスになったりもします。

例えば回答が「短所はありません」といったようなものだとさすがに人としてどうなのかなと感じますよね。
「自分に短所はない」と思っているということは「相手の欠点ばかりを突いてくるような人物なのでは」と想像してしまいますし、そういう人と働けるイメージが少なくとも私にはありません。

また「仕事でボーッとしてしまうことが多い」といったようなものや「行動がギリギリでたまに遅刻してしまう」といったような社会人の常識から外れているようなものも当然のことながらNGです。もっともこんな短所をいう人には会ったことがありませんが・・・。

 

短所を聞かれた際の回答方法と事例

では短所を聞かれた際にどのように答えるのがベストなのか。次の4つのポイントを抑えておきましょう。

  1. 長所の裏返しで言う
  2. 仕事に結びつけた話にする
  3. 具体的な事例を出す
  4. カバーするために心掛けていることを言う

具体的に事例を出した方が理解しやすいかと思うので私の短所を例に紹介します。
私の短所は「つまらないことを考えすぎて悩む」「頼まれごとを断れない」ということ。これを面接官の方に紹介する場合は次にようになります。

・つまらないことを考えすぎて悩む
「私は仕事上の業務の些細なことでも一度気になると詳細を調べずにはいられないといったようなことがあり、深く考えすぎてしまうことが短所かと思います。そこで無駄なロスをしてしまうことがあったので、そういった状況になりそうな時には周囲の人になるべく早めに意見を聞いたり相談したりするように心掛けています」

・頼まれごとを断れない
「私は人に頼まれたことをあまり断れないのが短所で一時期色々な人の依頼を多くもらうことがあり、自分の業務が回せないような状況になりかけたことがあります。その反省を踏まえて、今でもあまり断らないものの時間の調整は事前にしてもらうように心掛けています」

いかがでしょうか。
「短所」としているものの「物事を深く考える」「頼まれごとを断れない」というのはそこまで悪くはないですよね(笑)。
一方でそこで失敗している経験もあり、そこからどう解決策を生み出しているのかというのが重要。

面接の中でも大きな加点要素ではないもののスマートに回答しておくことで面接官の印象は大きく変わってきますので事前に自分なりの回答を考えておきましょう。

 

もし転職の段取りが決まっていなかったらおすすめしたいサイト

これから転職を始めようという人に当サイトのおすすめ転職関連のサービスを紹介します。まだどうやって転職を進めるか決まっていない場合に参考にしてみてください。
転職はどれくらい情報を掴めるかがカギになっているので転職サイトと転職エージェントに登録して求人幅を広げ、口コミサイトで会社の情報収集をするいう方法をおすすめしています。(すべて登録無料)

▶リクナビNEXT(転職サイト)
求人最大手リクルート系列の運営する転職サイトです。日本最大級の転職サイトなのでここにしか掲載されていない限定求人が87%も。転職を始めようと思った時にはまずはここから。私も転職活動で使ったことがあります。

▶ランスタッド(転職エージェント)
私が実際に使ったことのあるエージェントです。転職の展望がぼんやりしていた時に相談しても適切な回答をもらえました。自分の書いた職務経歴書・履歴書に対してのアドバイスや希望の職種の非公開求人などの紹介もしてくれます。また自分に合ったゆったりとしたペースで転職活動ができたのも良かったです。

▶キャリコネ(口コミ情報サイト)
転職の際に特に気になる企業の情報を集めるためのクチコミサイト。転職活動をする際にはまずここに登録しておいて時間のある時に自分自身で情報収集をすることが重要です。 面接などで聞きにくい給与の情報や休日出勤・残業の状態などが詳細にわかります。


コメント投稿は締め切りました。