忙しくて転職活動できないという場合、どのような方法をとればいいか。

「転職をしようと思っていても通常の業務が忙しすぎてそもそも転職活動自体ができない!」
転職活動の基本原則として「次の職場が決まるまで退職届を出さない」というものがありますが、今の会社が忙しくて帰りも遅いのでなかなか時間が取れない、なんて人も。

今回はそんな人のために「忙しすぎる時の転職活動の時間の作り方」をまとめてみました。

拾えるところはぜひとも拾って上手く転職活動を進めてみてください!

 

転職先が決まる前に退職することによる3つのリスク

転職活動の基本原則として「次の職場が決まるまで退職届を出さない」ということがありますが、どうしてそういう原則があるのかを最初に知っておきましょう。

1.失業のリスク

転職先が決まる前に退職をすると全ての時間が自分のものになるので時間ができ、転職活動の時間も作れます。それ自体は正しいです。
ただ、ここでの最大のリスクは「転職先が決まらないこと」です。
時間が自由に使えるようになるので転職先もサクッと決まってしまいそうなイメージがありますし、もちろん決まるときは決まります。
一方で決まらない時の精神的なプレッシャーはかなり重めです。
最初の1ヶ月は心も自由になり、転職活動も溌溂と出来るのですが、2ヶ月3ヶ月と決まらず、ブランク期間(職のない空白期間)が増え、さらに決まりにくく…となるとどんどん追い詰められていきます。
よほど自分に自信があればそれでも良いですが、オススメはしません。

2.金銭的なリスク

現職が忙しすぎる人は自分の時間が自由になることに目が行きがちです。しかし実際に退職してみると金銭的一気に収入がなくなるのでかなり焦ります。
通常の家賃、光熱費、その他見えにくい会社の給与から天引きされていた国民保険、住民税など実際に無職になってみると色々なものが引かれていきます。貯蓄も想像している以上の勢いで減るので注意が必要です。

3.足元を見られるリスク

1と2が合わさっていくと企業側に足元を見られるというケースも存在します。
企業側としては安く人材を取れることが好ましいので「職が決まっていない期間が長く、金銭的な収入もない」という人が「一刻も早く収入がほしい」と焦っているのも理解しています。そこで企業側が足元を見て低めの賃金を提供してくることがあるのです。
「そんな企業はあまりいい企業ではないのではないか?」というのはもちろんなんですが、実際に職が決まっていないとその辺の判断基準も鈍ってきて「とりあえず早く就職を決めたい」となってしまうのです。そして行った先がブラックな会社だったり…という悪循環に陥ります。

 

割り切って時間を作っていくこと

「次の職場が決まるまで退職届を出さないのが原則」とは言ってもやはり時間を作るのが難しいこともありますよね。
そこで具体的にどうやって時間を作っていくのかを簡単にまとめてみます。

ブラック企業ではなく「帰りにくい雰囲気」程度のところであれば割り切って帰って時間を作る

会社の体質的に「帰りにくい」といったところもあると思います。ですが、転職すると決めた以上そんな会社の空気を無視していかないと時間は一生作れません。割り切って、誰にどう思われようが構わない体で早く帰って転職活動をしましょう。
(露骨にやり過ぎると「転職するのかな?」と探られますが、それも気にしないでいいでしょう)

土日だけはかろうじて休みがあるような場合、土日対応可能な転職エージェントを使う

平日は終電だけど土日はなんとか休みがある…といったような場合、土日対応可能な転職エージェントを使って活動をしていくといいでしょう。
(有名どころではリクルートエージェントなどが「土日対応可能」であることを謳っています)
「土日は疲れているので休みたい」という気持ちもあるかと思いますが、転職するまでの辛抱です・・・!
※また会社によっては土日に面接を行ってくれるところもあります。

明らかなブラック企業でそもそも休みがない場合

最後に明らかにブラック企業で平日土日ともに休みがない場合です。この場合、まずご自身の健康状態を気にかけてください。
休みがないというのはどう考えても異常な事態なので、転職云々以前に一度病院で心身異常をきたしていないか診てもらったほうがいいです。
実際に本当に休みがないまま働かされてしまうのは労基法違反ですし、精神的に参ってしまうこともかなり多いので必ず早めに病院に検診に行きましょう。
その上で診断書などを出してもらい休職する・・・そして転職活動、という方法もあります。ちょっと裏技的にはなってしまいますがこういう時はなりふり構わず突っ走らないと難しい時もあったりします。

 
忙しい人は日常の業務に追われてなかなか時間が作りづらい部分もありますが、これらの方法がなにかしら参考になれば幸いです。
また転職先がブラックかどうかの情報収集のために「キャリコネ」の使用もあわせておすすめしています

情報をうまく収集して転職活動を成功に導きましょう!


コメント投稿は締め切りました。