30代で会社に行きたくないという悩みについて

20代の社会人になりたての時と比べ、仕事にも慣れてきていわゆる「脂が乗っている」と言われる30代。
ところが最近30代の会社員の中でも「会社に行きたくない」という人が増えてきています。

もしこれを読んでいるあなたが「会社に行きたくない」という30代の方であればぜひとも一度目を通してみてください。

 

20代と違う「単純に仕事がきつい」ではない、精神的な状況

20代と違い30代の会社員の場合、「会社に行きたくない=単純仕事がきつい」ではないことが多いです。
20代だと「学生時代からの環境の変化がきつい」「上司に仕事のことでしょっちゅう怒られる」などが悩みの中心ですが、30代の場合「少し前まで仕事に燃えていたのに急にやる気が無くなってしまった」「仕事自体はきつくないけど毎日がむなしい」といった原因不明のものから、中間管理職などで新しいステージに立って精神的な負担が増えて誰にも相談できないなど、全般的に自分一人で抱え込んでしまう精神的なものになりがちです。

この際に一番大事なこととしては「自分を否定的に考えない」こと。

特に日本のサラリーマンはストイックというか自分に厳しいので「30代にもなって会社に行きたくないなんて甘ったれている」「もうちょっと自分は頑張れるはずだ」と、実際には心が悲鳴をあげているのにみずから鞭打って働いてしまいます。
その結果どうなるかというと精神的な負荷が大きくなってしまい、うつなどの症状を引き起こしてしまったりします。

ちょっとでも自分の精神状態に不安を感じるようであればまずは話を聞いてもらう程度の心構えで問題ないので心療内科に行ってみましょう。
 
…と言ってもやっぱりなかなか心療内科にサクッと行けない人も多いと思います。
私も過去に仕事で苦心して「明らかにこれは精神的にマズい状態になりつつあるな」と感じて心療内科に行こうと思ったのですが、なかなか体が動きませんでした。
その際にちょっと心が軽くなったのは水野敬也さんの「精神科をハシゴしよう」という話です。
私はこれで心療内科に行くことを決意できました(笑)
精神科をハシゴしよう|水野敬也オフィシャルブログ「ウケる日記」Powered by Ameba

実際に行ってみて話を聞いてもらうだけでもだいぶ心が楽になるので「ちょっと精神的にまずいな」と思ったら、まずは軽い気持ちで門を叩いてみるおすすめします。

 

単純な職場環境の問題と30代の転職市場の評価

仕事に関しての漠然とした精神的な不安以外には、どの年代にも共通の「職場に対しての不満」があります。
「会社の体制が自分と合わない(あるいは合わなくなった)」「人間関係が悪化して毎日会社に行くのがつらい」というようなものですね。

その際に頭をよぎるのは「転職」ですが、実際問題として30代の転職はどうなのかというと、今の時代であれば普通に転職可能です。
ただし20代と比較すると求められるものや与えられているステージが異なってくるのでその点は注意しましょう。

(20代との違い)

  • 30代は「若い」とは言えない年齢なので「未経験」転職が難しい
  • 30代の後半になればなるほど求人の幅も狭まってくる
  • 転職先に求められるのが「管理職経験」「即戦力経験」

20代と比較すると仕事に対してそれ相応の実績が求められてきますし、転職は可能であるもののやはり求人の幅も狭まってきます。
転職しようと考えているのであれば基本的には在職しながらの転職活動が無難でしょう。

 

もし転職の段取りが決まっていなかったらおすすめしたいサイト

これから転職を始めようという人に当サイトのおすすめ転職関連のサービスを紹介します。まだどうやって転職を進めるか決まっていない場合に参考にしてみてください。
転職はどれくらい情報を掴めるかがカギになっているので転職サイトと転職エージェントに登録して求人幅を広げ、口コミサイトで会社の情報収集をするいう方法をおすすめしています。(すべて登録無料)

▶リクナビNEXT(転職サイト)
求人最大手リクルート系列の運営する転職サイトです。日本最大級の転職サイトなのでここにしか掲載されていない限定求人が87%も。転職を始めようと思った時にはまずはここから。私も転職活動で使ったことがあります。

▶ランスタッド(転職エージェント)
私が実際に使ったことのあるエージェントです。転職の展望がぼんやりしていた時に相談しても適切な回答をもらえました。自分の書いた職務経歴書・履歴書に対してのアドバイスや希望の職種の非公開求人などの紹介もしてくれます。また自分に合ったゆったりとしたペースで転職活動ができたのも良かったです。

▶キャリコネ(口コミ情報サイト)
転職の際に特に気になる企業の情報を集めるためのクチコミサイト。転職活動をする際にはまずここに登録しておいて時間のある時に自分自身で情報収集をすることが重要です。 面接などで聞きにくい給与の情報や休日出勤・残業の状態などが詳細にわかります。


コメント投稿は締め切りました。