イートアンド社の「大阪王将」が24時間営業の店舗を増加へ

日経MJ(2014年5月5日付)の記事に「大阪王将」が24時間営業の店舗を増加、というニュースがあったのでちょっと取り上げてみることにします。

 

大阪王将とは?

私は全然知らなかったのですが「餃子の王将」とは全く別の会社のようです。

餃子の王将・・・株式会社王将フードサービスが運営
大阪王将・・・イートアンド株式会社が運営

似て非なる会社。

 

24時間営業を増やす理由

会社員の「ちょい飲み」需要で深夜の売上が好調。
東京では4月に24時間営業の品川店を出店、オフィス街ということもあり、深夜帯の売上が多めになっています。
品川店の売上は一般的な都心店舗の2倍近くの売上。
経営者目線でいくと「(今後)深夜の売上を確保しよう!そうすれば利益が増える!」となりますよね。

 

雇用計画は?

以前に同じ日経MJで「店員不足、成長に足かせ」という記事がありました。
そこに書かれていたのは人材不足を背景に大手飲食業者が店舗を縮小しているという現実でした。

当然、深夜帯の売上が多いからといって人材が増えていくわけではないです。
将来的に人材不足問題を抱えることはあると思います。
(しかも人の集まりにくい都心・オフィス街なので)

その辺の雇用計画はどうなっているのかなと見ていたところ、外国人従業員の雇用を活用を増やすようです。
外国人を中心に接客・調理を学べるスクールを開校し、受講料は無料。
ここで一定の技術を習得してから雇用に結びつけるとのこと。なるほど。

 

思ったこと

個人的に24時間営業はあまり賛成ではないので正直な意見を言ってしまうと「うーん・・・」といった感じです(笑)。
日経新聞も4月以降、職場の人材不足の記事を何回か取り上げていたためか「外食業界では人手不足が深刻」という言葉もきちんと添えています。

私は店舗の運営者だったのでその視点からなんとなく想像できる懸念点を挙げてみます。

・そもそも外国人従業員が集まらない
結構ありえる話なんじゃないかと思っています。
特に都心・オフィス街だったりするとその周辺に住んでいる人がいないため、募集をかけても応募が来ることが少ない傾向にありました。

・スクールで学んでから雇用させるまで時間がかかる
この計画自体は結構いい仕組みなんじゃないかと思うんです。
飲食業界ではOJTでいきなり現場に出させることがほとんど(もちろんその方が学びも早いのですが)。
なので事前にきちんと段取りを作って研修させて、ある程度の技術ができてから外に出すという仕組みが完璧に回せれば、いい店舗作りになります。ただ問題はそこまで余裕をもって回せるのかということ。

現場の人材不足は深刻なので「もう回らないからひとまず現場に出そう」という感じが出てくるのではないかと。
ここをまったく妥協しないということであれば本当にすごい仕組みになりそうです。そこは個人的には大期待ですね。

***

なんだか企業が新しいチャレンジをしようという時に、ちょっとイチャモンみたいになってしまいましたが(笑)、スクールの仕組みには本当に期待しています。ぜひとも新しい仕組みづくりとして頑張って欲しいところです。

 

もし転職の段取りが決まっていなかったらおすすめしたいサイト

これから転職を始めようという人に当サイトのおすすめ転職関連のサービスを紹介します。まだどうやって転職を進めるか決まっていない場合に参考にしてみてください。
転職はどれくらい情報を掴めるかがカギになっているので転職サイトと転職エージェントに登録して求人幅を広げ、口コミサイトで会社の情報収集をするいう方法をおすすめしています。(すべて登録無料)

▶リクナビNEXT(転職サイト)
求人最大手リクルート系列の運営する転職サイトです。日本最大級の転職サイトなのでここにしか掲載されていない限定求人が87%も。転職を始めようと思った時にはまずはここから。私も転職活動で使ったことがあります。

▶ランスタッド(転職エージェント)
私が実際に使ったことのあるエージェントです。転職の展望がぼんやりしていた時に相談しても適切な回答をもらえました。自分の書いた職務経歴書・履歴書に対してのアドバイスや希望の職種の非公開求人などの紹介もしてくれます。また自分に合ったゆったりとしたペースで転職活動ができたのも良かったです。

▶キャリコネ(口コミ情報サイト)
転職の際に特に気になる企業の情報を集めるためのクチコミサイト。転職活動をする際にはまずここに登録しておいて時間のある時に自分自身で情報収集をすることが重要です。 面接などで聞きにくい給与の情報や休日出勤・残業の状態などが詳細にわかります。


コメント投稿は締め切りました。