飲食業をやっていて「つらい」「疲れたな」と感じた時に。

飲食業は心身ともにハードな仕事なので「疲れたな…」と思うこともよくあります。
特にシフトが不定期になりがちなことから、自分の知らぬ間に身体が悲鳴をあげていてそこから精神的な疲れに繋がることが多いです。

今回はそんな時にどんな対処をしたらいいのかをまとめてみました。

 

相談する〜休む

まず休みが取れずに疲れているということであればきちんとその旨を上長に相談してみましょう。
そして一日でもいいのでしっかりとした休みを取るべきです。

飲食業の「休めない」というところでありがちなのが「私が休むと全体に影響が出るので休みづらい」というもの。空気を読みすぎてしまって相談すら出来ないところから始まっています。
その結果、体調を崩してしまい病欠、シフトに穴を開けて全体に悪影響が出るということがあります。

むしろ一時的に体調を崩すだけであればまだ良い方で、中には精神的に参ってしまうという人もいます。
そうなってしまうとシフトどころか自分の体調や今後に影響が出てしまうので、体調が悪化する前にきちんと相談しましょう。

「私が休むと全体に影響が出るので休みづらい」という考えは責任感があって好感は持てます。ただし、何が大事かを考えると自分の身体の状況や人生の方が大事です。
また確かに全体に影響が出るということもあるのですが、飲食業はどのお店でも重要なポジションの人物を失うということを体験しており(笑)、その都度お店は危機を迎えつつも最終的には何とかなっているので正直なところ一日休むくらいは調整次第で何とかなります。

ともかくまずはきちんと自分の体調を説明し、休める体勢を作りましょう。

 

転職する

気軽に取れる選択肢ではないですが、最終的に「もうつらすぎて続けられないな」と思った時には転職をするというのも手でしょう。
私も既に飲食業から引退した身で、辞めた理由は普通につらかったのと将来的に続けていけないなと思ったためです。

「気軽に取れる選択肢ではない」と書いたものの、ずっと躊躇していると歳を重ねていってしまい異業種への転職が難しくなっていくのが現実なので、自分が将来この業種で働き続けたいのか・現実的に働き続けられるのかを考えながら決めていくとよいでしょう。

思い立ったらエージェントに相談するなりすぐに行動に移すのがベストです。
私はここで躊躇して先延ばしにする癖があるので自戒の念も込めて。「明日までじっくり考えてみよう」と思いながらあっという間に数ヶ月が過ぎたりするんですよね…

実際に相談した上で「まだ転職する時期じゃないな」と思ったら、それをそのまま伝えればいいだけの話。
今、現実問題として「つらい」と思っている気持ちを自分でごまかさないようにしましょう。

また、異業種へ転職したいという場合には別の項で異業種への自分の売り出し方もまとめていますので参考にしてみてください。

参考:飲食業から異業種へ転職をする時の自分の売り出し方

 

こころの病に気を付ける

「疲れたな」と率直に思っている時は自分が本当に疲れている時なのできちんと自分自身がケアをしてあげることが重要です。
こういった疲れをケアせずに蓄積していくと、こころの病に繋がってしまい、そこから睡眠障害や摂食障害という体の反応が出てきてしまうこともあります。

自分の心は外側から見えないこともあり周囲の人が気づきにくいところなので、きちんと体を休めてあげるようにメンテナンスをしてあげましょう。

当たり前ですけども、休みって本当に重要ですよ。

 

もし転職の段取りが決まっていなかったらおすすめしたいサイト

これから転職を始めようという人に当サイトのおすすめ転職関連のサービスを紹介します。まだどうやって転職を進めるか決まっていない場合に参考にしてみてください。
転職はどれくらい情報を掴めるかがカギになっているので転職サイトと転職エージェントに登録して求人幅を広げ、口コミサイトで会社の情報収集をするいう方法をおすすめしています。(すべて登録無料)

▶リクナビNEXT(転職サイト)
求人最大手リクルート系列の運営する転職サイトです。日本最大級の転職サイトなのでここにしか掲載されていない限定求人が87%も。転職を始めようと思った時にはまずはここから。私も転職活動で使ったことがあります。

▶ランスタッド(転職エージェント)
私が実際に使ったことのあるエージェントです。転職の展望がぼんやりしていた時に相談しても適切な回答をもらえました。自分の書いた職務経歴書・履歴書に対してのアドバイスや希望の職種の非公開求人などの紹介もしてくれます。また自分に合ったゆったりとしたペースで転職活動ができたのも良かったです。

▶キャリコネ(口コミ情報サイト)
転職の際に特に気になる企業の情報を集めるためのクチコミサイト。転職活動をする際にはまずここに登録しておいて時間のある時に自分自身で情報収集をすることが重要です。 面接などで聞きにくい給与の情報や休日出勤・残業の状態などが詳細にわかります。


コメント投稿は締め切りました。