飲食業・基本中の基本「QSC」とは具体的にどんなことを指すのか

飲食業に1回でも携わったことのある方なら、ほとんどの人が聞いたことがあるであろう「QSC」。
飲食業を始めたばかりの人や、これから飲食業に行ってみたいという人に簡単にまとめます。

 

QSCとは

まず最初にQSCとは何か?
QSCとは、Quality、Service、Cleanliness頭文字の略称です。

  • Q=Quality(クオリティ):品質
  • S=Service(サービス):サービス(接客)
  • C=Cleanliness(クレンリネス):清潔・清掃

この3つの要素が揃って飲食業として最低限のラインが成立します。
どれかの要素が欠けていてもお店としては決していいものになりません。

事例で挙げてみましょう。
・商品の品質は良いし、サービスもいいけど、お店がとても汚い(QSがいいけどCがダメ)
・サービスもいいし、お店も綺麗だけど商品が美味しくない(SCがいいけどQがダメ)
・商品は美味しいし、お店も綺麗だけどサービスが悪い(QCがいいけどSがダメ)

想像すると分かる通り、お店はどの要素を欠かしていても成立しません。
次項より各項目の具体的な部分を見て行きましょう。

 

Q=Quality(クオリティ)

「品質」ということで商品(食品)のことを指されることが多いです。

(具体例)
・商品が温かいものは温かい状態で提供されている
・冷たいものは冷たい状態で提供されている
・盛り付けが美しい
・賞味期限をきちんと守っている
・ボリュームが適切な量で提供されている

いついかなる時でも、誰が行っても同じ商品をきちんと出すことが重要。

 

S=Service(サービス)

接客業の要の部分ですね。

(具体例)
・大きな声でお客様に挨拶をしている
・笑顔を提供できている
・適切なタイミングでお客様に商品を提供できている
・エアコン温度の調整ができている
・紙ナプキンなど消耗品が十分に補充されている

接客が中心ですがお客様がごはんを召し上がっている環境も注意が必要です。

 

C=Cleanliness(クレンリネス)

店舗清掃の面です。清潔感なども。
このへんは案外出来ていないところが多かったりするんですよね。

(具体例)
・店頭が綺麗に整っているか(花壇の花、ポスターの汚れ)
・店内は綺麗に整っているか(ゴミ箱の清掃、テーブルの汚れ)
・トイレの汚れは除去できているか
・手洗いをきちんと定期的に実施できているか
・ユニフォームをだらしなく着ていないか

汚れはすぐに取れるものがほとんどなのですが、習慣づけられていないとみるみる店舗が汚くなっていきます。

 

マクドナルドでは「V」の概念も

最後に余談ですがマクドナルドでは「QSC+V」というサービスを掲げています。

Q(品質)、S(サービス)、C(清潔さ)が最高の形で結びついたとき生まれるのが、さまざまなValue 価値)。それは、おいしいものをおいしく食べられる素敵な空間、家族の笑顔がこぼれるくつろぎの場、いつ行っても楽しい場所、車に乗ったままで買えるドライブスルー。お客様の「満足」につながるものすべてがValue (価値)なのです。本物のV(価値)を生み出すために、私たちは常に完成されたQ、S、Cの実践を心掛けています。
レストラン・ビジネスの考え方 | 会社情報 | McDonald’s Japan

QSCの概念に加えてV=Valueとして「付加価値」を持たせるとしています。

これはマクドナルド独自の概念ですが、実際に飲食店はこういった「付加価値」を持たせないとすぐにお客様が飽きてしまい、利用しなくなる傾向にあります。QSCはあくまで最低限のライン、ということですね。


コメント投稿は締め切りました。