仕事を辞めたい理由は一緒! 迷ったら転職を検討すべき。

「仕事を辞めたい」と思う時の理由として「人間関係がよくない」「給料が低い」などが一般的なものとして挙げられますが、合わせてその際に思ってしまうのは「こんな甘い理由で辞めてもいいのだろうか?」ということ。
率直に言うと、その理由で辞めでもいいんです。

実際にリクナビネクストが転職経験者に取ったアンケート「退職理由のホンネランキングベスト10」というものを見てみましょう。
退職の理由は以下の通りになっています。

1位 上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった:23%
2位 労働時間・環境が不満だった:14%
3位 同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった:13%
4位 給料が低かった:12%
5位 仕事内容が面白くなかった:9%
6位 社長がワンマンだった:7%
7位 会社の経営方針・経営状況が変化した:6%
7位 社風が合わなかった:6%
7位 キャリアアップしたかった:6%
10位 昇進・評価が不満だった:4%
退職理由のホンネランキングベスト10/リクナビNEXT[転職サイト]

転職をしている人のほとんどが一般的に「甘い」と言われているようなものです。表では「将来の夢」「自分のために」と口をそろえて言うものの、実際にはみんな似通った不満で辞めていくんですね。

今回はこのうち、上位5位の退職理由について「どのように考えたらいいのか?」「どのように対処すればいいのか」を考えてみましょう。

 

5位「仕事内容が面白くなかった」

労働環境だったり人間関係は悪くはないものの、仕事が単調、仕事にやりがいを感じないという問題です。

他の不平不満にも同じことが言えますが、人生の半分以上は仕事に費やすことになります。
その人生の半分以上の時間を面白くない時間に費やすのってすごくムダじゃないですか?

人生は当たり前ですが有限です。あくまで私の考えですが有限であるからこそできるだけ充実した時間を増やしたいと思っています。
やりがいのなさは充実感に繋がることはないので、新しく自分が心から楽しいと思えることを探した方がいいです。

すぐに転職でも問題ないのですが、自分の好きなことややりがいを先に見定めるために、まずは社内で「やりがいのある仕事はないか」を探しましょう。社内でやりがいを求めるのはどうしても無理なようであれば転職という選択肢を取ると良いでしょう。

 

4位「給料が低かった」

以前「転職で重要視すべきなのは、やりがいか給料か?」という記事の中でこんなことを書いたことがあります。

「やりがい」「給与」の二択で選ぶのであれば「やりがい」を選択すべきでしょう。
お金はあくまで物を買ったりするための道具でしかないので、それそのものに楽しみはありません。

私個人の考えとしては給料は二の次でもいいと思っているのですが、実際には例えば「好きなものを買いたい」「好きなところに行きたい」などお金は重要な要素です。またそういった趣味嗜好の買い物ではなく、給料が極端に低いためそもそも生活が出来ない…などという場合は死活問題ですよね。

前述の「やりがい」については社内でやりがいの有りそうな仕事を探してみるという話になりましたがこの給料の話については比較的簡単に今後の方向性を結論付けることが出来ます。

社内の給与制度を見直してみて「自分は順当に行けば何年後にどのくらい給料が上がるのか?」「給料が上がる可能性は高いのか低いのか」をざっくりと試算してみます。もし順当に行っても給料が雀の涙くらいしか上がらないというような場合は転職をしてしまった方が年収アップにはラクです。

 

3位「同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった」

以前に「「人間関係が上手くいかなくて仕事を辞めたい」と思った時に。」でまとめたので簡単に。

まず人間関係で辞めたいなと思った時に必ず言われるのが「人間関係はどこにでもあるので転職先で再び悩むことが多い」というもの。
もちろん転職先にも人はいるので人間関係で悩むこともあるかもしれませんが、悩まないこともあるかもしれません。それについては選んだ会社の人間次第となってしまうのが正直なところです。
ただ、今の会社にいる場合、人間関係は相手側が退職したり転職しないかぎり変わりません。

 

2位「労働時間・環境が不満だった」

今、とても多いのではないでしょうか。
いわゆる「ブラック企業」と呼ばれるようなところですね。そうではなくとも「忙しすぎる」「サービス残業が多すぎる」などは日本独自でよくあります。

この問題についても「同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった」ケースと同様で「転職先も労働環境がひどいかもしれない」というのはありますが、リサーチを事前にきちんとしておくことによりある程度「転職先の労働環境がひどい」という事態は防げます。

リサーチの方法については別項目にまとめているので参考にしてみてください。
転職先がブラック企業かどうか見分けるには企業の評判サイトを絶対使うべき

 

1位「上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった」

上司に関しては人間関係問題に近いので3位「同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった」を参照ください。
上司ではなくもっと上位レイヤーの経営者、社長のやり方がどうしても好きになれないというような場合の選択肢は2つ。

  • 自分が会社を変えてみようと努力すること
  • 転職

以前に「会社の方針に納得できない場合は従うか、黙って去るかの2択しかない」でまとめた通り、基本的に会社は経営者に方針を決める権利があります。従業員はあくまでお金で雇われている身。

その環境をもしなんとかしたいというのであれば自分が実力をつけて会社を変えていくしかありません。ただそれは圧倒的に難易度が高く、そこまで頑張れないという人の場合、転職が一番手っ取り早いでしょう。

 

もし転職の段取りが決まっていなかったらおすすめしたいサイト

これから転職を始めようという人に当サイトのおすすめ転職関連のサービスを紹介します。まだどうやって転職を進めるか決まっていない場合に参考にしてみてください。
転職はどれくらい情報を掴めるかがカギになっているので転職サイトと転職エージェントに登録して求人幅を広げ、口コミサイトで会社の情報収集をするいう方法をおすすめしています。(すべて登録無料)

▶リクナビNEXT(転職サイト)
求人最大手リクルート系列の運営する転職サイトです。日本最大級の転職サイトなのでここにしか掲載されていない限定求人が87%も。転職を始めようと思った時にはまずはここから。私も転職活動で使ったことがあります。

▶ランスタッド(転職エージェント)
私が実際に使ったことのあるエージェントです。転職の展望がぼんやりしていた時に相談しても適切な回答をもらえました。自分の書いた職務経歴書・履歴書に対してのアドバイスや希望の職種の非公開求人などの紹介もしてくれます。また自分に合ったゆったりとしたペースで転職活動ができたのも良かったです。

▶キャリコネ(口コミ情報サイト)
転職の際に特に気になる企業の情報を集めるためのクチコミサイト。転職活動をする際にはまずここに登録しておいて時間のある時に自分自身で情報収集をすることが重要です。 面接などで聞きにくい給与の情報や休日出勤・残業の状態などが詳細にわかります。


コメント投稿は締め切りました。