新卒の就職活動の時には「髪色は黒で」といった話を就職課の人や、アドバイザーの人に聞いたことがある人が多いかと思います。
新卒入社し、社会にもだいぶ慣れてきて、新卒の頃のように初々しく黒髪ではないという人がほとんどでしょう。

そんな時期の転職。髪の色はどうあるべきなのか迷いますよね。
社会人としては軽い茶色くらい当たり前だし、別にそこまで気にしなくてはいいのでは…でも、実際に不利になってしまったら目も当てられないし…そんなふうに悶々としている方に髪色についてまとめました。

やっぱり黒髪が一番リスクなし

結論からズバリ書いてしまいましょう。

黒髪が一番無難でリスクがありません。

実際には昔ほど厳しくないというところがほとんどですし、会社概要の社内の風景や社内メンバーの写真などを見てみると茶髪の人がいるという職種も多いでしょう。
ただ、会社としてそれを許容しているというのと面接官の印象は全くの別物です。

なぜ髪の色を気にしなくてはいけないのか?

髪の色を変えている人にとっての一番の疑問「なんで今の時代に髪の色を気にしなくてはいけないのか?」という点について。

人間性が分かるわけでもない髪の色で判断されるのはナンセンスだ、という論は理解できます。

ですが、一般的にそういう風に思っていない人が多いのも事実です。

極端な話、現場にあまりいない年配の役員の人などはお堅い傾向が強く、せっかくのチャンスなのに髪色で不採用となってしまったら台無しです。極端な髪色にしない限り、髪の色だけで不採用になることはまれなものの、採用か不採用か迷っている時の決め手になってしまうようなこともあるので、合格率を高めたいのであれば黒髪にしておく方が良いでしょう。

面接は会って数十分で採否を決められるものなので印象は本当に大事です。改善できるところは改善しておいた方が間違いないです。

油断大敵・履歴書の写真も合わせよう

髪の色を黒くしていざ転職活動開始、といったところで見落としがちなのが履歴書の写真。
履歴書は採用担当者に一番最初に目が行く部分なのでここも必ず黒髪にして合わせておきましょう。

黒髪にした後に写真を撮り直すのは面倒という人もいますが、採用を少しでも有利に進められるのですから履歴書の写真は絶対に変更しておいた方がいいです。
特に面接と違って履歴書で判断されるようなケースではどうして不採用になったのかが見えにくいのでできる改善は全てしておいた方がいいでしょう。

履歴書の写真を撮影し直す少しの時間と、少しのお金をケチっている場合ではありません。

IT業界は寛容だから大丈夫?

IT業界は比較的若い層が多く、寛容と言われていますので、IT業界に転職した私からのコメントを追加しておきます。

私の会社も髪色についてはそこまで厳しくなく、社内には茶色い髪の人もたくさんいます。
特に内勤の事務職の女性については明るめの髪の人が多い傾向にあり、営業職の人でも明るめの人はいます。
(営業職は対外ということもあり、事務職よりは少し厳格ですが…)

一方で面接ではどうかというと、面接官側の立場としては「長く続きそう」「真面目そう」というのを重視しています。

髪の色で決まると思っているわけではないのですが、(事実かどうかは別にしても)印象として明るい髪色の人の方が少し軽い印象を受けてしまうのも事実です。

私個人の意見ではあるものの「そういう印象を持つ面接官もいる」ということの参考になれば幸いです。

髪の色が気になったらコンサルタントに聞いてみるべき

また、実際に自分の髪色がどうなのかという部分については、転職エージェントの担当者に聞いてみると良いでしょう。
色の判断は文章では表現しにくい部分なので^^;

自分では「少し派手かな」と思っていても、そうではないと判断されることもありますし、「そこまで派手ではない」と思っていても、客観的に見ると「もう少し色をおさえるべき」と判断されることもあります。

自己判断ほど頼りにならないものはないですし、面接の際に聞くわけにもいかないので、転職活動のプロに客観的な判断を仰ぐのが一番です。

「面接官だったらこういう印象を持つ」というのを率直に判断してもらえますし、なによりも志望する会社にどのような考え方の人物がいるのかを知っている場合もあるのでより細かに対応することが可能です。

※転職時の髪型についてまとめました。
転職活動時の髪型はどういうものが適切?

※その他、全体の身だしなみについても以下を参考にどうぞ。
現役の面接官が語る転職の面接にふさわしい、もっとも基本的な服装

もし転職の段取りが決まっていなかったら
オススメしたいサイト

これから転職を始めようという人に当サイトのおすすめ転職関連のサービスを紹介します。まだどうやって転職を進めるか決まっていない場合に参考にしてみてください。
転職はどれくらい情報を掴めるかがカギになっているので転職サイトと転職エージェントに登録して求人幅を広げ、口コミサイトで会社の情報収集をするいう方法をおすすめしています。(すべて登録無料)

リクナビNEXT(転職サイト)

求人最大手リクルート系列の運営する転職サイトです。日本最大級の転職サイトなのでここにしか掲載されていない限定求人が87%も。転職を始めようと思った時にはまずはここから。自分の強みが簡単に把握できる「グッドポイント診断」もおすすめです。

リクナビNEXT
公式サイトへ
リクルートエージェント(転職エージェント)

リクルートグループの強みもあり、扱っている非公開求人数が9万件以上。転職エージェントの中でも圧倒的な件数があるのが特長。また土日や平日の夜20時以降も相談できる体制ができている ので忙しい方にも使いやすい会社です。30万人以上の転職成功実績があり、多くの人が年収アップに成功しています。

リクルートエージェント
公式サイトへ
キャリコネ(口コミ情報サイト)

転職の際に特に気になる企業の情報を集めるためのクチコミサイト。転職活動をする際にはまずここに登録しておいて時間のある時に自分自身で情報収集をすることが重要です。面接などで聞きにくい給与の情報や休日出勤・残業の状態などが詳細にわかります。

キャリコネ
公式サイトへ