履歴書・職務経歴書の嘘はバレる? バレない?

転職をする際に自分の過去の経歴を振り返って「選考で不利になるかな?」「落とされるのではないか?」などと考え、履歴書や職務経歴書に嘘の内容を書こうとする人がいます。

率直に言うと嘘の書類を提出することは絶対におすすめしません。

ここでは嘘を書くことをおすすめしない理由、もし自分の履歴書や職務経歴書に魅力を感じないと感じた時の嘘にならないアピールはどうすればいいのか紹介します。

 

履歴書や職務経歴書の嘘がバレた時の最大のリスク

冒頭に記載した通り、履歴書や職務経歴書に嘘を書くことはおすすめしません。

実際問題、面接官が一人ひとりの履歴書が本当かどうかを細かく調査することはほとんどありません。
ただ、何かの折に嘘がバレてしまった際に大きなリスクが待っています。

  • 周囲の信用を一瞬でなくす
  • 懲戒解雇
  • 訴訟

仮に面接の際に嘘がばれずに入社したとしましょう。

入社先で上手く仕事をこなせて順調なところに突然自分が履歴書に書いた嘘が判明します。
嘘が発覚した時に今までの順調な生活は一気に逆転します。仲間の信用を失い、今まで普通に接していた人にも冷たい目線を向けられ会社で孤立するなんてこともあるでしょう。

ひどい場合は懲戒解雇の可能性も考えられます。
一般的にはその嘘によって会社に多大な損害を与えた場合、という前提が付きますが会社が「損害を受けた」と判断してしまった場合に絶対的に弱い立場になってしまいます。

そして最悪の場合、訴訟などのリスクも。

「そんなに細かいところまで人事は確認していないから大丈夫」と言っても、転職先の人事が凄い細かい人という可能性もありますし、人づてに嘘がバレる可能性もあります。

経歴詐称の話ではないですが、今の会社から競合の会社に転職しようとしたところ社長同士が知り合いで、競合先の社長から「そっちの社員の人が先日面接に来たよ」と連絡が行ったなんてこともあります。世の中以外に狭かったりするのです。

先々のリスクを考えると嘘を付くことは全くお勧めできません。

 

嘘ではない範囲でアピール力を高めることが重要

「嘘は付くべきではない」といった趣旨のことを書きましたが、馬鹿正直に書いて、見直してみると「自分の履歴書には全く魅力がない…」と感じてしまうこともあるでしょう。

その際には一度担当の転職エージェントに相談してみることをおすすめします。
どこのエージェントでも履歴書や職務経歴書を「アピールして見せる方法」「面接官の心にグッとささる書き方」は心得ています。
特に「嘘ではない範囲でアピール・演出する」という能力は突出しているので遠慮せずに聞いてみましょう。

その際に自分の履歴書・職務経歴書を眺めていて不安に思ったこと、「ここは面接官からすると弱みに見えるのでは?」と感じた部分など率直に確認します。
履歴書と職務経歴書を元に面接をするので面接の時にどう回答すればいいのかもわかりやすく教えてくれます。

転職をする際に勘違いしがちなことなのですが、転職先を決めることが最終的なゴールではなくそこから自分のキャリアアップを図っていくことが転職の目的です。
「履歴書は嘘がバレるかバレないか」と考えている人は一度転職の目的も見なおしてみるといいかもしれません。

 

もし転職の段取りが決まっていなかったらおすすめしたいサイト

これから転職を始めようという人に当サイトのおすすめ転職関連のサービスを紹介します。まだどうやって転職を進めるか決まっていない場合に参考にしてみてください。
転職はどれくらい情報を掴めるかがカギになっているので転職サイトと転職エージェントに登録して求人幅を広げ、口コミサイトで会社の情報収集をするいう方法をおすすめしています。(すべて登録無料)

▶リクナビNEXT(転職サイト)
求人最大手リクルート系列の運営する転職サイトです。日本最大級の転職サイトなのでここにしか掲載されていない限定求人が87%も。転職を始めようと思った時にはまずはここから。私も転職活動で使ったことがあります。

▶ランスタッド(転職エージェント)
私が実際に使ったことのあるエージェントです。転職の展望がぼんやりしていた時に相談しても適切な回答をもらえました。自分の書いた職務経歴書・履歴書に対してのアドバイスや希望の職種の非公開求人などの紹介もしてくれます。また自分に合ったゆったりとしたペースで転職活動ができたのも良かったです。

▶キャリコネ(口コミ情報サイト)
転職の際に特に気になる企業の情報を集めるためのクチコミサイト。転職活動をする際にはまずここに登録しておいて時間のある時に自分自身で情報収集をすることが重要です。 面接などで聞きにくい給与の情報や休日出勤・残業の状態などが詳細にわかります。


コメント投稿は締め切りました。