他の応募者より一歩先に進んだ転職面接での逆質問を考えよう

多くの面接では最後に「何か質問はありますか?」と聞かれます。
いわゆる「逆質問」(応募者が質問をするので)というものです。

色々な転職サイトでもやる気を見せるための「逆質問」特集などを組んでテンプレートを用意しているところがあるので、それらを活用している人も多いでしょう。
ただ、面接官をやっている側からすると、どの応募者の人も同じようなテンプレートの質問をしてきて、いまいちその人のやる気が心に響かないというのも事実。

そんな現状を踏まえつつテンプレートの質問集を抜けた「もう一歩進んだ」質問を考えてみましょう。

 

テンプレ回答を言われた時の面接官の心境

今回参考にするのはリクナビNEXTの「人事にウケる「面接逆質問」集23」。

読んでいる人も多いのだと思います。実際に面接でよく聞かれる内容がほとんどです(笑)
このテンプレを使ったところでマイナスになることはなです。ただ、少なくとも私は印象に残りません。
例としていくつかピックアップしてみましょう。

配属先の同年代の社員の一日の行動スケジュールを教えてください。
→「聞いてどうするんだろう」という印象。また人や日によっても違うのでなんとも言いがたい。

配属先部署の人数や、社員の構成を教えてください。
→「聞いてどうするんだろう」という印象。10人だった場合と100人だった場合とでなにか違うのだろうか。

入社までにさらに勉強をしておくことがあれば教えてください。
→これ自体は悪くないのです。ただし「さらに」というのが重要。そして「さらに」を言うのであれば「ちゃんと今も勉強していますよ」という根拠を示せないとNG。

御社の○○という商品に憧れているのですが、その商品に携わる仕事に就けますか?
→「◯◯」という商品をどこまで深掘り・理解できているかがポイント。この手の質問をする人は意外と上っ面のことしか知らない(調べていない)人が多いです。また「◯◯」に携われなかったらどうするんだろう、辞退するのかなという印象もあります。

私と同年代で入社し、その後活躍している人でどんな事例がありますか?
→割と無難な質問な気がします。

配属先の社員の人と面会してお話をすることはできますか?
→ここまで言ってくる人はなかなかいないのでこの質問は面白いかもしれません。

事例集を通して言えることは「その質問をしてあなたは何をしたいの?」という先の部分が全く見えてこないと面接官の心に響かないということです。
質問のテンプレートをただ使うのではなく、「私は御社に入社したらこういうことがしたいのでこの質問をしました」という背景があることが重要です。
そこがないとただ上滑りする質問になってしまいます。

 

企業研究と模擬面接をするだけで全然違う

応募者はテンプレ質問をするだけで面接官に「やる気があると思ってもらえるに違いない」と考えています。
ですが面接官からするとほとんどの人がテンプレを使うので全然グッと来ません。

逆に言うとそこから抜け出れば面接官の心をつかむことができます。

方法はいたってシンプル。以下の二つを確実に実践しましょう。

  1. 企業情報をきちんと読み込む(会社概要・主要商品・IR)
  2. 模擬面接をする

まず企業サイトを見て情報をきちんと読み込むことです。わからないことは面倒臭がらずに調べる。
(実際に自分が受けている業種のことすら正確に分かっていない人もいるのが現実です)

そして転職エージェントとの模擬面接を活用し、自分で調査した企業情報を質問していってみること。
この際にエージェントの担当者にコーポレートに記載してあったことでわかりにくかったことを聞いてみるのもいいでしょう。

冗談のような話ですがこのたった2点を実施するだけであっという間に応募者の上位に入ることが出来ます。
それくらいきちんと下調べをしていない人が多いのです。

応募企業の準備はきちんと実施し、自分を採用に近付けていきましょう。

 

もし転職の段取りが決まっていなかったらおすすめしたいサイト

これから転職を始めようという人に当サイトのおすすめ転職関連のサービスを紹介します。まだどうやって転職を進めるか決まっていない場合に参考にしてみてください。
転職はどれくらい情報を掴めるかがカギになっているので転職サイトと転職エージェントに登録して求人幅を広げ、口コミサイトで会社の情報収集をするいう方法をおすすめしています。(すべて登録無料)

▶リクナビNEXT(転職サイト)
求人最大手リクルート系列の運営する転職サイトです。日本最大級の転職サイトなのでここにしか掲載されていない限定求人が87%も。転職を始めようと思った時にはまずはここから。私も転職活動で使ったことがあります。

▶ランスタッド(転職エージェント)
私が実際に使ったことのあるエージェントです。転職の展望がぼんやりしていた時に相談しても適切な回答をもらえました。自分の書いた職務経歴書・履歴書に対してのアドバイスや希望の職種の非公開求人などの紹介もしてくれます。また自分に合ったゆったりとしたペースで転職活動ができたのも良かったです。

▶キャリコネ(口コミ情報サイト)
転職の際に特に気になる企業の情報を集めるためのクチコミサイト。転職活動をする際にはまずここに登録しておいて時間のある時に自分自身で情報収集をすることが重要です。 面接などで聞きにくい給与の情報や休日出勤・残業の状態などが詳細にわかります。


コメント投稿は締め切りました。