転職活動は働きながら? 辞めてから?

転職を視野に入れた際に一番最初に考えるのは

「働きながら転職活動するべきか? 辞めてから転職活動をするべきか?」

という点でしょう。
特に現職が忙しくてなかなか時間が取れないという人は「辞めてからの方がいいのでは…」と考えがち。
ただ、私は絶対に働きながらの転職活動をおすすめします。その理由についてまとめてみます。

 

働きながら転職活動をすることのメリットは精神的な余裕

私が働きながらの転職活動をすることをおすすめするのはなんといっても精神的な余裕ができるためです。
もちろん普通に自分の仕事をこなしながら働いて、その後に転職活動をするといったライフワークになるので心身的な疲労はあります。
ただ、もし上手くいかなかったとしても生活に困ることもありませんし、お金がなくなるということもありません。

逆に辞めてからの転職活動については時間的な余裕があるものの、転職活動が上手くいかなかった時のプレッシャーが生半可なものではありません。
まず収入がなくなるので金銭的な問題がのしかかってきて、次に履歴書の空白期間が空いてしまう問題が出てきます。
履歴書で無職の期間が長ければ長いほど転職活動では不利になるので「早く決めないと」「とりあえずどこかの会社に入らないと…」と考えて入りやすそうなところに入り、そこがブラック企業だった…なんていう話はよくある話なのです。
(※退職後の転職活動については「退職してからの転職活動。メリットとデメリットは?」にまとめていますのでそちらも参照ください)

「うまくいかないかもしれない」というリスクを考えるのであれば働きながらの転職活動が圧倒的に有利です。

 

平日は仕事なので転職活動ができないというケース

「辞めてからの方がいいのでは…」と言う人の多くは「平日は仕事があるので転職活動ができない」と考えることでしょう。
ただし実際にには在職中に転職活動をしている人が多いため、平日なども遅い時間帯に面接をしてくれる企業が多いです。(私のところも20時から面接を行う、なんてこともありました)
土日に面接を行ってくれるところは少なめですが業種や会社によっては対応可のところもあります。
実際にあなたの行きたい会社が面接時間の対応幅が広いかどうかを確認してみましょう。

また転職エージェントのサービスではリクルートエージェントが遅い時間帯や土日対応などもしているので一度転職活動の方法について相談してみるのもいいでしょう。

 

在職中の転職はバレないか?

働きながら転職活動をする際に不安になる部分として「在職活動中の転職は社内の人にバレるのではないか?」というものもあります。
これ自体は余程怪しいことをしなければほとんどの場合はバレることはありません。

私が今まで同じ会社で「ちょっと怪しいな」と思ったのは、笑い話に近いですが次のようなケースです。(下記の人達は実際に転職していきました…)

  • ある日を境に自分の予定を毎日定時以降「予定あり」としていた
  • 普段私服で出社している人がスーツで出社した

このくらい極端なことをしなければ、ほぼ問題ないでしょう。

何より自分の人生なので、できるだけ有利な選択肢として「働きながら転職活動」をおすすめします。

 

もし転職の段取りが決まっていなかったらおすすめしたいサイト

これから転職を始めようという人に当サイトのおすすめ転職関連のサービスを紹介します。まだどうやって転職を進めるか決まっていない場合に参考にしてみてください。
転職はどれくらい情報を掴めるかがカギになっているので転職サイトと転職エージェントに登録して求人幅を広げ、口コミサイトで会社の情報収集をするいう方法をおすすめしています。(すべて登録無料)

▶リクナビNEXT(転職サイト)
求人最大手リクルート系列の運営する転職サイトです。日本最大級の転職サイトなのでここにしか掲載されていない限定求人が87%も。転職を始めようと思った時にはまずはここから。私も転職活動で使ったことがあります。

▶ランスタッド(転職エージェント)
私が実際に使ったことのあるエージェントです。転職の展望がぼんやりしていた時に相談しても適切な回答をもらえました。自分の書いた職務経歴書・履歴書に対してのアドバイスや希望の職種の非公開求人などの紹介もしてくれます。また自分に合ったゆったりとしたペースで転職活動ができたのも良かったです。

▶キャリコネ(口コミ情報サイト)
転職の際に特に気になる企業の情報を集めるためのクチコミサイト。転職活動をする際にはまずここに登録しておいて時間のある時に自分自身で情報収集をすることが重要です。 面接などで聞きにくい給与の情報や休日出勤・残業の状態などが詳細にわかります。


コメント投稿は締め切りました。