今の会社はもうダメだ、と思って心機一転転職活動へ。
でもやってみたら思っていた以上に全然決まらないってこと、ありますよね。
それが続くと人間を否定されたような気分になって気が滅入り塞ぎこんでしまったり、場合によっては精神的に参ってしまう人もいます。

今回は転職活動がネガティブなループになっている人向けの対処法などをまとめます。

負のスパイラルに入り込まない

転職活動で一番やってはいけないのが「落ち込む」ということ。
ありがちなのは何回も失敗しているうちに「自分なんかダメだ」といったような自己否定をはじめてしまうことです。
自己否定は何の解決も生み出さないので、自分できちんと意識的にそうならないようにします。

もちろん「落ち込まないこと」といって落ち込まなくて済むわけでもないので、本当にダメになりそうな時は「私はできる」といったようなポジティブな言葉を声に出して言うのを繰り返してみましょう。
バカバカしいかもしれませんが声に出すということは脳がその方向に向かうように働きかける作用があるのでジワジワと効いてきます。

一人にならない

また人に積極的に会うのもおすすめです。
人間、悩んでいる時は自分一人になってしまってついついネガティブなことを考えたりしますが、人と話すことによりネガティブな方向から気分をそらすことができます。
恋人と静かなところにデートに行くもよし、友達とゆっくり酒を飲むもよし、余裕があれば転職のエージェントの人と前向きに次の面接の作戦を練ったりするのもいいでしょう。

妥協は適度に

上手く行っていない時に考えがちなのは「転職の条件で高望みをし過ぎなのではないか?」ということ。
これは正解でもあり、間違いでもあります。

私は転職活動は比較的上手く行ったのですが、新卒の時に100社以上の会社に落ちました。
(最後の方は落ちた数を数えるのが趣味になっていたくらいです)

最初、広告業界を希望しており、あまりにも受からなかったのでちょっと間口を広げてみようと思い、飲食業を受けたところ学生時代のアルバイト経験もあってかスイスイ受かりました。
当初はこれで「受かって良かった!」と思っていたのですが、このサイトを見ていただくと分かる通り飲食業に入ったことが就職後の地獄の始まりなわけでして…。

妥協点があまりにもなさすぎると当然窓口は狭くなってしまいます。一方で妥協点を作りすぎても失敗します。
もし妥協をすることを決めたのであれば、優先度を付けて条件を緩めていくと良いでしょう。

もし転職の段取りが決まっていなかったら
オススメしたいサイト

これから転職を始めようという人に当サイトのおすすめ転職関連のサービスを紹介します。まだどうやって転職を進めるか決まっていない場合に参考にしてみてください。
転職はどれくらい情報を掴めるかがカギになっているので転職サイトと転職エージェントに登録して求人幅を広げ、口コミサイトで会社の情報収集をするいう方法をおすすめしています。(すべて登録無料)

リクナビNEXT(転職サイト)

求人最大手リクルート系列の運営する転職サイトです。日本最大級の転職サイトなのでここにしか掲載されていない限定求人が87%も。転職を始めようと思った時にはまずはここから。自分の強みが簡単に把握できる「グッドポイント診断」もおすすめです。

リクナビNEXT
公式サイトへ
リクルートエージェント(転職エージェント)

リクルートグループの強みもあり、扱っている非公開求人数が9万件以上。転職エージェントの中でも圧倒的な件数があるのが特長。また土日や平日の夜20時以降も相談できる体制ができている ので忙しい方にも使いやすい会社です。30万人以上の転職成功実績があり、多くの人が年収アップに成功しています。

リクルートエージェント
公式サイトへ
キャリコネ(口コミ情報サイト)

転職の際に特に気になる企業の情報を集めるためのクチコミサイト。転職活動をする際にはまずここに登録しておいて時間のある時に自分自身で情報収集をすることが重要です。面接などで聞きにくい給与の情報や休日出勤・残業の状態などが詳細にわかります。

キャリコネ
公式サイトへ