転職活動の最大のイベントと言ってもいい「上司への報告」。
通常「上司に報告するのは早ければ早いほうが良い」とされていますが一体どのタイミングで伝えるのがベストなのでしょうか。

転職活動中は絶対に言わない

真面目な人の中には「転職活動をしていることを上司に報告しなくては…」という人もいます。
会社に在留する意思がないことを早めに意思表示するという、その人なりの誠意なのだと思います。

ただ、この方法は絶対に厳禁です。

まず第一に「会社に在留する意思がありませんよ」と伝えながら勤務するのは失礼に当たりますし、万が一転職活動が上手くいかなかった際にそこに居づらくなってしまいます。もし転職活動の報告をするのであれば「◯月までに退職する意思があること」を伝えてしまったほうがむしろ好ましいです。
(もっともこれも転職先が決まらないというリスクがあるのでおすすめしませんが…)

転職先が決まったら真っ先に直属の上司に報告する

報告するタイミングは転職先が決まってから、というのがベストです。
そして一番最初に報告するのは必ず自分の直属の上司です。決まった翌日にでも報告をしましょう。

上司に時間を取ってもらうタイミングは勤務時間外が基本。(勤務時間は会社の業務に集中するという意味もあります)
私はメールで一旦「ご相談したいことがあるのでお時間をいただけないでしょうか?」と送り、その後に「先程メールを送ったのでご確認いただけませんか」と直接声を掛けました。

一般的には退職の1ヶ月前には会社に伝えるものなので1か月後の退職を目処に意思を伝えます。
その際に引き止めに入られる人もいるかと思いますが、いつから次の職場の入社が決まっているかを伝えると引き止めにくくなります。
転職先のことを伝えないとズルズルと先延ばしにされることが多いのでハッキリと伝えましょう。

転職先の会社名は伝える必要はないです。伝える義務もありません。

ここから上司がさらに上に報告するか、自分自身でさらに上に報告しに行くかは会社によって異なるので上司の指示を仰ぎます。

転職のことをむやみに周囲に話さない

いくら上司と仲が良くても転職というデリケートな問題はフランクには話しにくいもの。
でも仲の良い同僚にはちょっとしたおしゃべりの合間に口を滑らせてしまうなどをしてしまうことがありますよね。
実はこれ、失敗の元なんです。

同僚が他の同僚に喋り、どんどん伝わっていき…となって間接的に上司の耳に入ってしまうことがあります。
又聞きで耳に入ってしまうと心象もよくなく、接し方も難しくなるので転職については周囲の人にもなるべく軽率に話さないようにしましょう。

もし転職の段取りが決まっていなかったら
オススメしたいサイト

これから転職を始めようという人に当サイトのおすすめ転職関連のサービスを紹介します。まだどうやって転職を進めるか決まっていない場合に参考にしてみてください。
転職はどれくらい情報を掴めるかがカギになっているので転職サイトと転職エージェントに登録して求人幅を広げ、口コミサイトで会社の情報収集をするいう方法をおすすめしています。(すべて登録無料)

リクナビNEXT(転職サイト)

求人最大手リクルート系列の運営する転職サイトです。日本最大級の転職サイトなのでここにしか掲載されていない限定求人が87%も。転職を始めようと思った時にはまずはここから。自分の強みが簡単に把握できる「グッドポイント診断」もおすすめです。

リクナビNEXT
公式サイトへ
リクルートエージェント(転職エージェント)

リクルートグループの強みもあり、扱っている非公開求人数が9万件以上。転職エージェントの中でも圧倒的な件数があるのが特長。また土日や平日の夜20時以降も相談できる体制ができている ので忙しい方にも使いやすい会社です。30万人以上の転職成功実績があり、多くの人が年収アップに成功しています。

リクルートエージェント
公式サイトへ
キャリコネ(口コミ情報サイト)

転職の際に特に気になる企業の情報を集めるためのクチコミサイト。転職活動をする際にはまずここに登録しておいて時間のある時に自分自身で情報収集をすることが重要です。面接などで聞きにくい給与の情報や休日出勤・残業の状態などが詳細にわかります。

キャリコネ
公式サイトへ