私が新卒採用で飲食業界を受けた時の話を書こうと思います。
そもそも「新卒採用で飲食業界に入社した時にどういう状況だったのか?」という話です。

もしかするとこれから就職活動をする人、今まさに就職活動をしている人の参考になるかもしれないので何かの足しになれば(^_^;)

そもそも就職氷河期だったが・・・

まず大前提になってしまうのですが私が就職活動をしていた頃はいわゆる「就職氷河期」でした。
受けても受けても全く採用してもらえない・・・そんな時代です。
最終的に就活で落ちた件数を数えるのが趣味になっていて、不採用になった社数は100社を越えましたw

元々は広告業(コピーライターとかCMプランナーとか華やかなもの)を目指していたのですが当然のごとくことごとく落ちています。
※この時点から既に10年以上経過しているので、当時勉強不足だったなーというのはもうよく分かるのですがw

大学3年生の12月に始めた就職活動はあっという間に大学4年生の6月になっていました。
そして段々と退路がなくなっていった頃に「別の職種も受けてみよう」と思って受けたのが飲食や接客業だったのです。

決まる採用

当時「ちょっと別の職種も・・・」と思って受けたのが3社。
割と軽い気持ちだったのですが結果として3社中2社受かりました。
2社です。今まで100社以上連続不採用記録を作っていた自分がです。

これは別に飲食業界が受かりやすい、ということではなく、自分が学生時代にやっていたアルバイト経験がダイレクトに評価されたことが大きいです。
学生時代は某有名ファーストフード店でリーダー的な役割をやっていたのでそこが評価されたのだと思います。(そう思いたいw)

今は面接をすることもある立場なので分かるのですが、学生時代のサークルの体験やバイトの体験はみんなが似たり寄ったりの話をするため、一般的にはそこまで評価をされることがないです。

しかし飲食業界となるとそれは別。
アルバイトの実務ベースで働いていたということが業界的には大きな実績となるので、普通に働いていたということでもある意味経験者ですし、バイトの中でもリーダーをやっていたとなると(かなり大袈裟に言うと)管理職経験者ということになるのです。

学生にとってこれだけダイレクトにアドバンテージとなる部分はないでしょう。

もし転職の段取りが決まっていなかったら
オススメしたいサイト

これから転職を始めようという人に当サイトのおすすめ転職関連のサービスを紹介します。まだどうやって転職を進めるか決まっていない場合に参考にしてみてください。
転職はどれくらい情報を掴めるかがカギになっているので転職サイトと転職エージェントに登録して求人幅を広げ、口コミサイトで会社の情報収集をするいう方法をおすすめしています。(すべて登録無料)

リクナビNEXT(転職サイト)

求人最大手リクルート系列の運営する転職サイトです。日本最大級の転職サイトなのでここにしか掲載されていない限定求人が87%も。転職を始めようと思った時にはまずはここから。自分の強みが簡単に把握できる「グッドポイント診断」もおすすめです。

リクナビNEXT
公式サイトへ
リクルートエージェント(転職エージェント)

リクルートグループの強みもあり、扱っている非公開求人数が9万件以上。転職エージェントの中でも圧倒的な件数があるのが特長。また土日や平日の夜20時以降も相談できる体制ができている ので忙しい方にも使いやすい会社です。30万人以上の転職成功実績があり、多くの人が年収アップに成功しています。

リクルートエージェント
公式サイトへ
キャリコネ(口コミ情報サイト)

転職の際に特に気になる企業の情報を集めるためのクチコミサイト。転職活動をする際にはまずここに登録しておいて時間のある時に自分自身で情報収集をすることが重要です。面接などで聞きにくい給与の情報や休日出勤・残業の状態などが詳細にわかります。

キャリコネ
公式サイトへ