仕事が精神的に辛い時。退職する前にまずは適正を知る。

「今の職場の仕事はどうしても好きになれない」
「仕事のことを考えると憂鬱になってしまって職場に行く気になれない」

自分に合っていない職場で働いているとどうしてもネガティブな気持ちになってしまいますし、こうした思考が続くと最終的には「辞めたいな」という気持ちが強くなっていきます。

私個人としては「辞めたいと思ったら辞めた方がいい」という考えなのですが、ただ感情に任せたまま辞めても次の職場でうまくいかなかったり、ミスマッチが起こってしまうので、辞める際には戦略的に考えていく必要があると思っています。

 

自分は今の仕事のどんなところが嫌なのかを知る

「とにかく今の会社が嫌なので辞めたい!」と思って辞めてしまっても、その「嫌」の原因がなんなのかが分からなければ転職をしたとしても同じような事態になってしまうことが想定されます。

やっとの思いで退職〜転職をして、その転職先でまた同じように辛い目にあって…となってしまうと本末転倒です。

そこでまず余計なことは何も考えずにノートや紙に「自分は今の仕事の何が嫌なのか」を書き出してみましょう。
例えば次のようなものです。

  • 営業ノルマがきつすぎる
  • 給料が安すぎる
  • 会社の雰囲気が悪い
  • 休日残業が多い
  • 斜陽産業だ

とにかくなんでもいいので思ったことを書き出してみます。
その上で「そもそも退職しなくては解決しない問題なのか?」ないしは「転職したら解決する問題なのか」を考えてみましょう。

退職する場合にはその後、転職をすることになると思います(※)が、転職は思っている以上に精神的に大変です。
もし転職をしなくても済んで、社内に掛け合って解決する問題であれば社内で調整してしまった方が圧倒的に負担は少ないです。

※退職した後に転職活動をするとなると、転職先がなかなか決まらなかった場合にブランクが空いて転職活動で不利になるということがあります。仮に辞めるのであれば基本的には転職してから退職することをおすすめします。

 

世の中に出回っている「つらい仕事ランキング」という落とし穴

仮に転職をするとなった場合に、ネットで色々と調べてみるとよくあるのが「つらい仕事ランキング」というもの。

異業種転職をしようと思った場合にこのランキングはとても気になるものなのですが、この手のランキングを気にしてしまうと自分自身のチャンスを逃してしまう可能性があります。

「つらい仕事ランキング」に掲載されているのはあくまで「一般的につらいと言われている仕事」です。

一般的につらいと言われていても、もしかするとあなたには特性があって天職と思えるような仕事になるかもしれません。
そもそも「つらい仕事ランキング」の仕事が誰にとっても辛いものであればその仕事は人がどんどんいなくなってしまって人手不足になってしまいますし、業界そのものが危うくなってしまうことが考えられますが、実際にはそんなことはありません。
私の前職の飲食業はつらい仕事ランキングの上位によく来ますが(苦笑)、飲食業の時に同期で働いていた人でも長く続けている人もいます。
これは私が飲食業に対しての適性がなかっただけなのだと思います。

特定の仕事がつらいというよりも、その仕事に対しての適性があるかどうかを知っておくことが重要です。

 

適正はどうやったらわかるのか

ただ、正直なところ「自分の適性」というのもなかなか分かりにくいところではありますよね。
自分自身で判断しようにも自分の頭で考えただけではどうしても偏ってしまいますし、友人や知人に言われたことをそのまま鵜呑みにするのも腹落ちが悪いです。

そこで自分の適性を測るための方法を二つ紹介します。

転職サイトの適性診断を活用

転職サイトの適性診断などを利用してみることをおすすめします。

転職サイト大手のリクナビネクストの例で言うとグッドポイント診断というようなものを行っていたりします。
自分自身の強みを客観的に診断できるので、そこから自分の今までの仕事を振り返って実際に合っているのかどうなのかを判断することが可能です。転職する際の履歴書などにも自分の長所などがまとめやすくなるところも便利です。

上記以外にも各社診断系のツールはあるのでぜひ活用してみてください。

エージェントと自分の職歴の棚卸しをしてみる

転職サイトの適性診断を使うだけではなく、転職エージェントと対面で相談するというのも一つの手法です。
転職エージェントは仕事を紹介するプロの方なので、客観的に見て「こんな仕事に向いているのではないか」「今までの職歴からこんな仕事が合っているのではないか」などを紹介してくれます。
もちろんはじめに自分自身がやりたい仕事、やりたくない仕事は明確にして伝えておく必要はありますが、第三者の目から「自分はどんな職業に適性があるのか」を観てもらうことはかなり重要です。

 

焦らずに自分の適性を探す

今の仕事がつらいとどうしても仕事を辞めることにしか目が行かなくなりがちですが、勢いに任せて退職したり、転職したりしても一時しのぎにしかならないことが多いです。

まずはじっくりと自分の現状について把握して、そこからどうすべきなのか(今の仕事で改善すべきなのか、転職すべきなのか)を判断していきましょう。

 

もし転職の段取りが決まっていなかったらおすすめしたいサイト

これから転職を始めようという人に当サイトのおすすめ転職関連のサービスを紹介します。まだどうやって転職を進めるか決まっていない場合に参考にしてみてください。
転職はどれくらい情報を掴めるかがカギになっているので転職サイトと転職エージェントに登録して求人幅を広げ、口コミサイトで会社の情報収集をするいう方法をおすすめしています。(すべて登録無料)

▶リクナビNEXT(転職サイト)
求人最大手リクルート系列の運営する転職サイトです。日本最大級の転職サイトなのでここにしか掲載されていない限定求人が87%も。転職を始めようと思った時にはまずはここから。自分の強みが簡単に把握できる「グッドポイント診断」もおすすめです。

▶リクルートエージェント(転職エージェント)
リクルートグループの強みもあり、扱っている非公開求人数が9万件以上。転職エージェントの中でも圧倒的な件数があるのが特長。また土日や平日の夜20時以降も相談できる体制ができているので忙しい方にも使いやすい会社です。30万人以上の転職成功実績があり、多くの人が年収アップに成功しています。

▶キャリコネ(口コミ情報サイト)
転職の際に特に気になる企業の情報を集めるためのクチコミサイト。転職活動をする際にはまずここに登録しておいて時間のある時に自分自身で情報収集をすることが重要です。 面接などで聞きにくい給与の情報や休日出勤・残業の状態などが詳細にわかります。


コメント投稿は締め切りました。