結婚を目前に転職を考える男性は世の中に多いです。
考えるきっかけとなるのは以下のようなもの。

  • 勤務時間が長過ぎるのでもう少し余裕のある仕事に就いて家族との時間を大事にしたい
  • 給与が低すぎて家庭を養っていけるだけのものがないのでもう少し年収を上げたい
  • 仕事が不安定(給与や待遇など)なので安定した会社に行きたい

今回は結婚目前の転職をする際に気をつけなくてはいけないポイントをまとめてみました。

転職が先か、結婚が先か

まずいちばん最初に「転職が先か、結婚が先か」について。
私は転職を先に決めてしまうことをおすすめします。

転職は思っている以上にストレスや精神的な負荷がかかってくるもの。それらのストレス要因を全て完了させてから幸せな結婚生活に入っていった方が良いでしょう。
結婚を先にしてから転職活動をした場合に、思いの外転職がうまくいかずに家庭でイライラとなってしまっては目も当てられません。

また男性は気付きにくいのですが、女性は「応援をしたい」と思っているものの男性がイライラしているので気遣ってなにも言えなくなってしまうということも多いです。そこから家庭内の不和が表面化していくということも…。

平和な結婚生活を過ごすために、もしまだ選択できる余地があるのであれば転職を決めてから結婚をしましょう。

財政的な面は必ず確保する

次に必ず現職に就きながらの転職活動をしてください。退職をしてからの職探しはご法度です。
これから結婚するというのを目前にして退職後の仕事探しは主に財政面であまりにもリスクが大きすぎます。

楽観的な人は「なんとかなる」と思いがちですが、結婚は自分一人の人生ではなくパートナーと一緒になるということです。
自分のことだけを考えていればいい独身時代とは話が変わってくるので彼女のことも考えて、(将来の)家庭のことも考えて財政面は必ず確保するようにしましょう。

行動はとにかく早くすること

最後に「行動はとにかく早くすること」です。
転職をすると決めたら転職エージェントに登録をその場でしてしまいましょう。
ここで「もうちょっと経ってからにしよう」「来週から始めよう」という姿勢で行くとズルズルとそのまま1ヶ月が過ぎ…2ヶ月が過ぎ…と何もしない状態が高い確率で続いていきます。
通常であればそのような状況でも「転職する時期じゃなかったんだ」という話で済みます。ただ、結婚を考えている人にとってはこの遅れは致命的です。

前述のとおり、結婚前には転職を決めてしまっているのが理想的な状況なので一日でも早く行動をしないと結婚生活にも影響が出たりします。
結婚後に転職ができないわけではないですが、家庭ができて子供が出来て…となると転職のプレッシャーは独身時代の比ではありません。

行動は「一日でも早く」です。

※また結婚を控えていると転職の失敗を極力減らす必要があるので情報収集もきちんとしておくことをおすすめします。
(参考)転職先がブラック企業かどうか見分けるには企業の評判サイトを絶対使うべき

もし転職の段取りが決まっていなかったら
オススメしたいサイト

これから転職を始めようという人に当サイトのおすすめ転職関連のサービスを紹介します。まだどうやって転職を進めるか決まっていない場合に参考にしてみてください。
転職はどれくらい情報を掴めるかがカギになっているので転職サイトと転職エージェントに登録して求人幅を広げ、口コミサイトで会社の情報収集をするいう方法をおすすめしています。(すべて登録無料)

リクナビNEXT(転職サイト)

求人最大手リクルート系列の運営する転職サイトです。日本最大級の転職サイトなのでここにしか掲載されていない限定求人が87%も。転職を始めようと思った時にはまずはここから。自分の強みが簡単に把握できる「グッドポイント診断」もおすすめです。

リクナビNEXT
公式サイトへ
リクルートエージェント(転職エージェント)

リクルートグループの強みもあり、扱っている非公開求人数が9万件以上。転職エージェントの中でも圧倒的な件数があるのが特長。また土日や平日の夜20時以降も相談できる体制ができている ので忙しい方にも使いやすい会社です。30万人以上の転職成功実績があり、多くの人が年収アップに成功しています。

リクルートエージェント
公式サイトへ
キャリコネ(口コミ情報サイト)

転職の際に特に気になる企業の情報を集めるためのクチコミサイト。転職活動をする際にはまずここに登録しておいて時間のある時に自分自身で情報収集をすることが重要です。面接などで聞きにくい給与の情報や休日出勤・残業の状態などが詳細にわかります。

キャリコネ
公式サイトへ