高卒で社会に出て「頑張ろう!」と働き始めてみたものの、ちょっと時間が経って振り返ってみると「あれ、なんか思ってたのと違う」「思っている以上につらいな…」という感覚に陥ることは多いです。
悶々としているうちに「向いていない気がする」「やる気が全く起きない」「将来ここで働き続けている気がしない」と考え始め、「もう辞めたい」と思うことも。

そんな人のためにどうすべきか、考えてほしいことをまとめました。
あくまで私個人の意見としてですが、参考になれば嬉しいです。

実は社会に出たら「辞めたい」が当たり前

高卒の人に限ったことではないのですが、入社後にすぐ辞めたい!と思う人がいます。
「思う人がいます」というか、おそらく多くの人が働き初めの頃は「しんどいし、働きたくない」と考えます。

私も例外ではなく、新卒の数ヶ月はずっと辞めたいと思っていました。
(参照:新入社員だけど既に会社を辞めたい。どうするべき?

仕事場に行けば叱られるし、仕事も思うようにできない。上手くいくことが一つもない。入社前に思い描いていたワクワク感はなんだったのか。

社会人の9割が最初はそんな生活です。

そしてそのうちの何割かの人が続けて結果を出していく。そこで初めて仕事が楽しくなります。

入社したばかりの頃はいわゆる修行期間のようなもので最初からうまく人はほとんどいません。

新卒で入った会社はひとまず3年は続けた方がいいですが、それも厳しそうなら1年は頑張ってみてほしいところです。1年経てば仕事で面白いところや、自分に向いているかも、と思うことに一つや二つ出会う可能性があります。

有無を言わず辞めた方がいいケース

「せめて1年は頑張ってみて欲しい」と書きましたが、有無を言わず辞めることを考えた方がいいケースが2つあります。

ひとつは心身的に異常が出た場合。
このサイトでは一貫して「心身的に異常をきたす前に辞めましょう」と書いています。
今回のように高卒ですぐ辞めたいという人も「食欲がない」「眠れない」などのことがあれば会社の人やお医者さんに必ず相談しましょう。あなたの身体は第一に考えてくださいね。

もうひとつは勤め先がブラック企業だった場合。
ブラック企業と一口にいっても色々なパターンがありますが例えば「セクハラ・パワハラの類がひどい」「残業時間が明らかにおかしい」「休みがない」などそういったものです。

ブラック企業で特徴的なのが創業期から頑張ってきたような上司が「昔はもっと厳しかった」「今は全然マシ」「これでキツイというのは甘え」というような謎の武勇伝を挙げてくること。
私の前職にもこういった人がいましたが耳を傾けるだけ無意味です。聞き流しましょう。

バイトをして次を考えたい、の危うさ

「辞めたい」という高卒の方の意見を見聞きしていて「ちょっと危ういな」と思うのが、「退職して、いったん落ち着くまでアルバイトで食いつなぐ」という考え方です。「アルバイトをして資格を取る」なども同様です。

アルバイトから社会人に戻るのは難しい

一旦社会に出て社会の厳しさや社会人としての大変さを知ってしまうと、相対的にアルバイトは非常に楽に感じます。これはもう間違いないです。
体感的に楽なので「もうちょっとこの生活でいいかな…」と思ってしまい、気が付いたら何年もアルバイトをやっていた、というのも世の中にはザラにあります。

ここで問題になってくるのはアルバイトだけを何年も続けたあとにいざ就職しようとするとかなり難しいとうことです。

例えば3年間アルバイトを続けていた人と、3年間社会人を続けていた人であれば、社会人を続けていた人の方が圧倒的に就職・転職活動でも評価されます。

これはやる気の有無や能力の高さではなく、社会がそういった仕組みになっているので、現実として絶対に知っておいてください。

「バイトしながら資格を取る」の危うさ

次によくある「資格」について。

単刀直入に言うと資格は就職するのにあくまで補助的な存在でしかないので「資格=就職できる」ではありません。
「資格を取る」ということが目標になっていると本末転倒です。

もちろん「実は昔からやりたかった夢があってそのためには資格が必要だ」ということであればいいと思います。

ただし「一旦アルバイト生活をしながら」という方法だと、気が付いたらズルズルと何年もやっていて、かつ資格も取れていないなんて状況に陥ることが多いので私はあまりおすすめしません。

多くの人が誤りがちなのですが「時間があったら◯◯する」という考えは、実際には「時間があっても◯◯しない」であることがほとんどです。余程の意志の強さがある人にしかおすすめしません。

会社を辞める時の注意点

辞めること自体はそこまで難しくないんです。
ただ、大して経験を積まないまま退職をしてしまうと次の職場を探す難易度がとてつもなく上がります。

おそらく今の会社は高校を通して見つけたのだと思いますが、転職する場合には自分自身のことを転職先の会社に売り込みにいかなくてはいけません。
それこそ社会人何年目かの経験者などと同じフィールドで戦わなくてはいけないのです。うまくいかなければ路頭に迷ってしまいます。

高卒で辞めたいと思っている方が「辞める」と決めた時の注意点は3つです。

  1. 転職先が決まるまで辞めない(「働きながら次の職場を探す」というのが転職活動の王道です)
  2. 転職先の情報をしっかりと調べておく(参考:転職先がブラック企業かどうか見分けるには企業の評判サイトを絶対使うべき
  3. 転職エージェントを利用する(面接の練習、自分を売り出せる履歴書の書き方などを教えてもらう)

社会人として経験が少ないような場合、次の職場を見つけるためにはこうした基本的な戦略を組んでいくことが必要です。

長くなりましたが、どんな選択肢を取るにしてもあなたの生活がいいものになることを願っています!

もし転職の段取りが決まっていなかったら
オススメしたいサイト

これから転職を始めようという人に当サイトのおすすめ転職関連のサービスを紹介します。まだどうやって転職を進めるか決まっていない場合に参考にしてみてください。
転職はどれくらい情報を掴めるかがカギになっているので転職サイトと転職エージェントに登録して求人幅を広げ、口コミサイトで会社の情報収集をするいう方法をおすすめしています。(すべて登録無料)

リクナビNEXT(転職サイト)

求人最大手リクルート系列の運営する転職サイトです。日本最大級の転職サイトなのでここにしか掲載されていない限定求人が87%も。転職を始めようと思った時にはまずはここから。自分の強みが簡単に把握できる「グッドポイント診断」もおすすめです。

リクナビNEXT
公式サイトへ
リクルートエージェント(転職エージェント)

リクルートグループの強みもあり、扱っている非公開求人数が9万件以上。転職エージェントの中でも圧倒的な件数があるのが特長。また土日や平日の夜20時以降も相談できる体制ができている ので忙しい方にも使いやすい会社です。30万人以上の転職成功実績があり、多くの人が年収アップに成功しています。

リクルートエージェント
公式サイトへ
キャリコネ(口コミ情報サイト)

転職の際に特に気になる企業の情報を集めるためのクチコミサイト。転職活動をする際にはまずここに登録しておいて時間のある時に自分自身で情報収集をすることが重要です。面接などで聞きにくい給与の情報や休日出勤・残業の状態などが詳細にわかります。

キャリコネ
公式サイトへ