6月がボーナスの時期なので、ボーナスを受け取った後6〜7月にかけて転職を考える人は多いです。

では実際に7月から転職をしようと思った場合、時期的にどうなのかというとタイミングとしてはとても最適だと言えます。

転職市場的にはどうか

秋採用のピークということで転職市場的にも求人が増える傾向にあります。

求人が増えるということはそれだけ多種多様な求人もありますし、経験者優遇というものだけではなく未経験者歓迎といったような求人も全体の動向に合わせて増えてきます。

もちろん秋のピークを迎えるということは転職希望者のライバルも増えるということです。
以下は東京労働局が発表している新規求職者の推移データです。

(平成27年1月〜平成28年1月の「新規一般常用求職者の実態」)
sinki
参考:新規一般常用求職者の実態(平成27年度) | 東京労働局

求職者が増える分、競争が高まる可能性も大きいですが、それでも求人が多いので自分に合った仕事、自分のやりたい仕事に就ける可能性も高まります。

7月に転職を始めるのがタイミングとして良い理由

7月に転職をするのが最適な理由としては2つあります。
聞いたことがある人も多いかもしれませんが、以下の2点がその理由です。

  • 9〜10月が年後半の転職ピーク
  • 転職活動は平均3ヶ月程度かかる

順を追って説明します。

9〜10月が年後半の転職ピーク

一般的な転職市場のピークとしては一年の前半後半で二つに分類されます。

  • 前半:2〜3月
  • 後半:9〜10月

春先の採用と秋の採用でそれぞれピークがあり、秋のピークが9〜10月となります。

転職活動は平均3ヶ月程度かかる

さて、次に「転職する際には3ヶ月は見ておいたほうがいい」という話です。
この話は聞いたことがある人が多いかもしれません。

自分のスキルの棚卸し、企業研究、自己分析、履歴書の準備、面接の準備…など諸々の準備、実際の面接、内定からの条件交渉などをトータルで考えると3ヶ月はかかるとされているためです。

ここまで読んでいただくと理解しやすいかと思うのですが、7月に転職活動を開始、3ヶ月間の活動を見込むとちょうど秋採用のピークに合わせることが出来るのです。

採用のタイミング以外にも有利な点

また転職市場と活動期間のタイミング以外にもこの時期に転職活動を始めることにはメリットがあります。

そのメリットとは「夏休み」。

夏休みの中でじっくりと企業研究や自己分析などの準備、または夏休み中に自由に時間が使えるタイミングで面接を受けに行くなど転職活動が円滑に行いやすくなります。

転職活動を行う人の多くは働きながら転職活動の準備をしたり、面接に行く時間の調整が難しかったり…と苦労している人が多いので、夏休みのように自由に使える時間があるというのは心身的にも大きなメリットになります。

▶転職の段取りが決まっていなかったらおすすめしたいサイト

時期以外にも転職したいと思ったら転職すべきな理由

最後に少し余談です。

9〜10月の時期は転職市場後半のピーク迎えるというのは前述の通りですが、それ以外にも現在転職活動をしたいと思ったらぜひとも行った方がいいという理由があります。

リクルートキャリアが発表している転職求人倍率のデータです。

2017年1月の転職求人倍率を発表。1月は1.81倍(前年同月比+0.15) | プレスリリース | リクルートキャリア – Recruit Career

※転職求人倍率とは:求職者1名に対して求人が何件あるかという指標。大きければ大きいほど求職者に対して求人数が多いということになります。

実際の資料を見てみると季節要因以外に転職市場が2016年以降大きく盛り上がっていることがわかります。

例えば2015年と2016年の10月の転職求人倍率を比較してみると、2015年が1.61倍だったのに対して2016年は1.80倍となっています。
ちなみに2014年は2015年と同じ1.61倍だったので最近の求人トレンドがいかに伸びているかが分かるでしょう。

月別の求人トレンド以外にも、年単位の求人トレンドも(2017年現在)伸びている傾向にあります。
このトレンドが今後どうなるかはわかりませんが伸びているうちに転職をすることでチャンスが増えてくるのは間違いありません。


もし転職の段取りが決まっていなかったら
オススメしたいサイト

これから転職を始めようという人に当サイトのおすすめ転職関連のサービスを紹介します。まだどうやって転職を進めるか決まっていない場合に参考にしてみてください。
転職はどれくらい情報を掴めるかがカギになっているので転職サイトと転職エージェントに登録して求人幅を広げ、口コミサイトで会社の情報収集をするいう方法をおすすめしています。(すべて登録無料)

リクナビNEXT(転職サイト)

求人最大手リクルート系列の運営する転職サイトです。日本最大級の転職サイトなのでここにしか掲載されていない限定求人が87%も。転職を始めようと思った時にはまずはここから。自分の強みが簡単に把握できる「グッドポイント診断」もおすすめです。

リクナビNEXT
公式サイトへ
リクルートエージェント(転職エージェント)

リクルートグループの強みもあり、扱っている非公開求人数が9万件以上。転職エージェントの中でも圧倒的な件数があるのが特長。また土日や平日の夜20時以降も相談できる体制ができている ので忙しい方にも使いやすい会社です。30万人以上の転職成功実績があり、多くの人が年収アップに成功しています。

リクルートエージェント
公式サイトへ
キャリコネ(口コミ情報サイト)

転職の際に特に気になる企業の情報を集めるためのクチコミサイト。転職活動をする際にはまずここに登録しておいて時間のある時に自分自身で情報収集をすることが重要です。面接などで聞きにくい給与の情報や休日出勤・残業の状態などが詳細にわかります。

キャリコネ
公式サイトへ