学校を卒業してはじめての社会人。
わくわくしながら社会に出てみたものの、とにかく会社勤めがキツいし、既に辞めたい…そんな考えを持っている人は多いのではないでしょうか。

今回はそんな「入社して間もないけど既に辞めたい」という人に向けてどうするべきかを書いてみました。

新卒が仕事を辞めたいと思うタイミング

まずはじめに新卒が仕事を辞めたいと思うタイミングについて。

今この文章を読んでいる人の共通点かと思うのですけども「常に辞めたい」ですよね。
私も新卒の時に入って1週間したらあまりのキツさにいつも辞めたいと思っていました。

タイミングとしては色々あると思うのですが、以下のようなケースが多いのではないでしょうか。

  • 上司に怒られる
  • 上司に露骨に呆れ顔をされる
  • 上司とまったく合わない
  • 身体がきつくて休みの日は寝ているだけ
  • 労働環境が想像以上に過酷だった

私の場合、上司がすごくヒステリックな人で、飲食店で働いていたのもあり過酷な環境という二重苦に挟まれていました。
(似たような環境の人もいるのでは…)

辞めるべき? 辞めないべき?

私は辞める度胸がなく、そのままダラダラと5年間続けてしまったので、まずは「辞めない」側での経験をお伝えします。

すぐに辞めないで続けることのメリット

辞めなかったメリットとしては仕事のキツさの耐性ができたということです。

「キツいことを耐えるとその後、得るものはある」というオジサンのようなことを言ってしまって恐縮なのですが、実際に今振り返るとそう思います。
おそらく皆さんも10年後、20年後に同じようなことを言っていると思います(笑)

また長期間働き続けることで、転職の際にも「長く続けることができます」というアピールができました。

すぐに辞めることのメリット

辞めなかったことにこのようなメリットがある一方で、すぐに辞めることのメリットとしては「つらいことややりたくもないことを延々と続けなくて済む」ということです。

私の場合、あとから振り返っても飲食店で働くのはもう少し短くても良かったかなと思いますし、今の給与の倍のお金をもらっても戻りたいとも思いません。

考え方にもよりますが、自分の人生の時間を無駄にしたくないという人にはすぐに辞めるという選択肢もありでしょう。
(一般的には3年程は続けた方がいいとは言いますし、私もどちらかと言うとその考えですが最近は早期に退職を決める人も多いです)

また、あからさまに勤務時間が長過ぎる、上司のセクハラ・パワハラがひどいなどのブラック企業は耐える意味もなく時間の無駄なので、すぐに転職を検討しましょう。

新卒で転職はできるのか

「もう辞めて転職しよう」と思っている人が1番不安であろうことは「新卒で仕事を辞めて転職できるのか?」という点でしょう。
就活で苦戦した人であればなおさらですよね。

結論から言うと新卒でも転職は十分に可能です。

新卒ですぐに会社を辞めた人材は転職市場の中で「第二新卒」(主に卒業して入社後1年未満〜3年という定義)と呼ばれ、重宝される人材のカテゴリとなります。

第二新卒が重宝される理由としては主に2点。

  • 新卒と異なり基本的なビジネスマナーが身についていること
  • 若々しくエネルギッシュなこと

参照:第二新卒の転職を成功させるためのポイント

「新社会人と違って常識的な範囲のビジネスマナーを教える必要がない、中高年の社会人と違って柔軟な姿勢がある」という良さを期待されています。

新卒で転職を成功させるためのポイント

第二新卒のメリットは前述の通りですが、転職を成功させるために絶対に抑えておきたいポイントが2点あります。

転職先を決めてから退職をする

転職の王道の話ですが、必ず転職先を決めてから退職をしましょう。

退職後に転職をする場合、転職先が決まらないと精神的にかなり追い詰められます。
それだけではなく、職が決まらないと履歴書上では「無職だった」期間がどんどん増えてしまうため、書類選考などでも不利になることがあります。

できるだけ転職エージェントを使う

転職活動をする際に、転職サイト(求人サイト)、転職エージェントを利用する2つの方法がありますが第二新卒の場合できるだけ転職エージェントを使った方が良いです。

理由としては、社会人経験が浅いということもあり、自分が思っている以上に社会常識が身についていない可能性があるためです。

転職エージェントを利用することにより、面接の練習、身だしなみ、履歴書のアピール方法など自分に合ったアドバイスをもらうことができ、社会人経験の短さをカバーすることができ、転職の面接などでも「しっかりしているな」などの印象を出すことができます。

また「自分にはどんな仕事が合っているのか」などもエージェントに相談することにより見えてくる部分があります。
(個人的なおすすめはリクルートエージェントです)

相談したからと言って転職しなくてはいけないわけではないので転職を検討する際にはまず利用してみることをオススメします。

もし転職の段取りが決まっていなかったら
オススメしたいサイト

これから転職を始めようという人に当サイトのおすすめ転職関連のサービスを紹介します。まだどうやって転職を進めるか決まっていない場合に参考にしてみてください。
転職はどれくらい情報を掴めるかがカギになっているので転職サイトと転職エージェントに登録して求人幅を広げ、口コミサイトで会社の情報収集をするいう方法をおすすめしています。(すべて登録無料)

リクナビNEXT(転職サイト)

求人最大手リクルート系列の運営する転職サイトです。日本最大級の転職サイトなのでここにしか掲載されていない限定求人が87%も。転職を始めようと思った時にはまずはここから。自分の強みが簡単に把握できる「グッドポイント診断」もおすすめです。

リクナビNEXT
公式サイトへ
リクルートエージェント(転職エージェント)

リクルートグループの強みもあり、扱っている非公開求人数が9万件以上。転職エージェントの中でも圧倒的な件数があるのが特長。また土日や平日の夜20時以降も相談できる体制ができている ので忙しい方にも使いやすい会社です。30万人以上の転職成功実績があり、多くの人が年収アップに成功しています。

リクルートエージェント
公式サイトへ
キャリコネ(口コミ情報サイト)

転職の際に特に気になる企業の情報を集めるためのクチコミサイト。転職活動をする際にはまずここに登録しておいて時間のある時に自分自身で情報収集をすることが重要です。面接などで聞きにくい給与の情報や休日出勤・残業の状態などが詳細にわかります。

キャリコネ
公式サイトへ