「ワークライフバランス」という言葉が浸透してきたものの、日本全体でプライベートの時間が取れるようになったか?と聞かれると、そんなイメージはなかなかないですよね。

もちろん国内にそういう企業があるのも事実ですが、実際に自分の会社は…というと口を閉ざしてしまう人も多いでしょう。

「仕事も頑張るけどプライベートも充実させたい」というのは本来人として自然な考え方なのに、どうしても「残業をしている人が偉い」「定時退社は甘え」といった空気になりがちです。

ただ、私がそうだったのですが実際に転職してみると「あ、こんなにちゃんとプライベートの時間が取れる会社があるのか」「もっと早く転職しておけばよかった」と実感する人もたくさんいます。

今回はプライベートの時間がとれる仕事に転職する方法をまとめます。

「プライベートの時間がとれる仕事に転職したい=甘え」ではない

真面目な人が考えてしまいがちな「プライベートの時間が欲しいというのは甘えなのかな…」という思考。

断言するとプライベートの時間が欲しいというのは甘えではありません。

家庭の都合や、自分のやりたいこと、それ以外にも働くことに対しての熱意や、かけられる時間、自分自身の体力…など、年齢、性別、育った環境、それぞれ人は違いますし、できることも当たり前ですが人によって異なります。

何よりも仕事のためにだけ生きるわけではない、自分自身の人生ですよね。

プライベートが重要なのであればそれはそれであなたの一つの価値観で、もっと尊重されるべきですし、少なくとも自分自身の「こうありたい」という考えはもっと尊重するべきなんです。

企業には「甘え」と見られないのか

「プライベートが重要」「自分の時間が欲しい」というのは人間としてごく自然な考え方。それはおそらく本能的に多くの人が感じていることでしょう。

一方で多くの人が引っ掛かっているのが「人間として同然だと思うけど、会社はそう思っていないのではないか」ということ。

もちろん今の時代にも「とにかく時間をたくさん働いている人間が偉い」「残業が素晴らしい」と考えている風潮の企業もあります。

ただ、「働き方改革」に代表されるように今は国が主体となって労働の仕方を見直しているような状況です。

世の中の風潮に反して前時代的な「モーレツに働く」といったような考え方をしているようでは今後伸びていくような企業にはならないでしょう。

転職をする際にはこのような前時代的な企業を避けていくのがポイントです。

そして実は私も「プライベートの時間が欲しくて転職した」側の人間(笑)

私の場合は残業以前に休みがなかったので、転職の条件が「土日に休みたい」というものでした。

「残業したくない」よりも面接官には伝えやすかたため、「前職でとにかく休みがなかったので土日は休みたいです」と率直に言っていました。
(後述しますが「残業したくない」は率直に伝えすぎない方がいいです)

休みのない企業はブラックなので普通に受かりました。

プライベートを充実させることのできる企業の探し方は?

プライベートを充実させることのできる企業の探し方はとにかくシンプルです。

この二点だけ覚えてください。

  1. 転職エージェントを利用する
  2. キャリコネを利用する

この二点でプライベートを充実させることのできる企業を見つけられる確率はかなり高まります。

1.転職エージェントを利用する

転職サイトではなく、転職エージェントです(重要)。
参照:転職サイトと転職エージェントの違いは?

転職サイト(リクナビNEXTなど)でプライベート充実の企業を探そうとするとこんなページがあります。

【プライベートが充実】を含む求人・転職情報

この中から探すのも良いのですが、転職サイトの求人票は基本的に掲載している企業が自分でアピールして内容を書くので「プライベートが充実」の度合いが分かりにくいのがデメリットです。

「プライベートが充実」とあっても、ある企業は月に10時間の残業、ある企業は月に20時間といった現象が起きうるわけですね。

その反面、転職エージェント(リクルートエージェントなど)であれば、担当者の人に「残業が月10時間程度の会社に行きたいです」と伝えればその条件を満たす企業を探してくれます。

担当の人が条件に合った企業を探してくれるところ、そして転職エージェントは転職サイトに掲載されていない求人も多いため、より条件に合った企業が見つかりやすくなります。

2.キャリコネを利用する

次にキャリコネです。

キャリコネは実際にその会社で働いていたことのある社員の口コミサイトで、その会社の口コミ評判、年収、採用面接、残業・休日出勤などの生の情報が書かれています。

(キャリコネに掲載されていたある企業の情報一覧)

生々しい情報や評価が書かれているのが分かるかと思います。

こうした実際の社員の提供している情報を確認していくことで「本当に残業が少ないのか」「プライベートは充実しているのか」が分かるようになります。

転職エージェントの情報とあわせて確認したり、キャリコネで気になる部分をエージェントに聞いたり、合わせて活用することでより正確な情報が手に入ります。

面接では残業について聞かない

転職エージェントとキャリコネを合わせて利用すれば、その企業の実情が概ね分かるので特に面接で改めて残業について聞く必要はありません。

冒頭に書いた通り、プライベートの時間が欲しいというのが「まっとうな理由」と言えども、面接の際に「プライベートの時間が欲しかったので…」と言ってしまうのはNG。

面接官からすると「ただラクをしたいだけなのではないか」「プライベートを大切にしたいのであればアルバイトでもいいのではないか」という風に見えてしまう可能性があります。

逆に転職エージェントに相談する際には率直に「残業が少ない会社を探して欲しい」と伝え、ちょっとでも気になる点があればどんどん聞きましょう

転職エージェントには率直に伝えないと自分の働きたい条件の会社が見つかりません。

世の中にプライベートが充実できる仕事を探している人は一杯います。

「企業には率直に言わず、転職エージェントには率直に」がポイントです。

こうして情報をしっかりと集めて充実した仕事とプライベートを掴んだ人はたくさんいます。

早めに行動し、充実したプライベートのある人生を過ごしましょう。

もし転職の段取りが決まっていなかったら
オススメしたいサイト

これから転職を始めようという人にオススメ転職関連のサービスを紹介します。まだどうやって転職を進めるか決まっていない場合に参考にしてみてください。
転職はどれくらい情報を掴めるかがカギになっているので転職サイトと転職エージェントに登録して求人幅を広げ、口コミサイトで会社の情報収集をするいう方法をおすすめしています。(すべて登録無料)

リクナビNEXT(転職サイト)

求人最大手リクルート系列の運営する転職サイトです。日本最大級の転職サイトなのでここにしか掲載されていない限定求人が87%も。転職を始めようと思った時にはまずはここから。自分の強みが簡単に把握できる「グッドポイント診断」もおすすめです。

リクナビNEXT
公式サイトへ
リクルートエージェント(転職エージェント)

リクルートグループの強みもあり、扱っている非公開求人数が9万件以上。転職エージェントの中でも圧倒的な件数があるのが特長。また土日や平日の夜20時以降も相談できる体制ができている ので忙しい方にも使いやすい会社です。30万人以上の転職成功実績があり、多くの人が年収アップに成功しています。

リクルートエージェント
公式サイトへ
キャリコネ(口コミ情報サイト)

転職の際に特に気になる企業の情報を集めるためのクチコミサイト。転職活動をする際にはまずここに登録しておいて時間のある時に自分自身で情報収集をすることが重要です。面接などで聞きにくい給与の情報や休日出勤・残業の状態などが詳細にわかります。

キャリコネ
公式サイトへ