仕事をしている中で「仕事が不安で落ち着かない」といった人は多いのではないでしょうか。

私の経験からですが、仕事の不安とどう付き合っていけばいいのかをまとめてみました。

仕事の不安を軽減する方法

「仕事の不安を解消する方法」と書きたかったのですが、「これをやれば不安が完全に解消できる」というものはなかなかありません。

ただ、軽減をすることは十分に可能です。
(「趣味に熱中する」などの方法もありますが私は不安になると趣味に熱中できなくなるタイプなので今回は割愛します)

「命までは取られない」という大前提

仕事の不安が積もりに積もってくると自分の人生が終わってしまうかのような錯覚を持ってしまいますが、命まで取られるような仕事はありません。

もちろん誰かに怒られて不愉快になったり、萎縮したり…といったことはあるでしょう。
ただ命を取られることはありません。

また死を考えてしまう人もいますが、自分の人生では自分の命が一番大事で仕事のために命を落とすなんていうことはナンセンスです。

このあたりの話は漫画「こち亀」の両さんの「生きるか死ぬか迷ったら、どう生きるか考えろ」を参考にしましょう。

※参考:Googleで「両さん 生きるモード」等の検索をすると出てきます。

不安に押しつぶされそうな時はあたかも選択肢がないかのようにも見えてしまいますが、実は選択肢はいくらでもあることを忘れないでください。

誰かに相談すること

具体的な行動としてもっとも効果的なのは誰かに相談することです。

仕事の不安なので相談相手としてベストなのは職場の同僚や上司でしょう。
場合によってはあなたが悩んでいる職場の改善などにも繋がってくる可能性があります。

もし職場に相談できる人がいない場合には知人などに話を聞いてもらってもいいですし、相談できないという場合には精神科(メンタルヘルス)に行ってみてもいいでしょう。

まだ「精神科」や「メンタルヘルス」というと抵抗がある方も多いですが、自分一人で抱え込むのは余程の強い人間でもない限り無理なので気軽に使ったらいいと思います。
ちなみに私も精神科を使ったことがありますが、クリニックの場の空気が落ち着くように作られているのもあって安心感は増しました。

「相談する人がいない」というだけではなく、動悸が止まらない、眠れないなどの体の症状に出てきている人は特にお医者さんに早めの相談をした方が良いです。

※精神科の利用に抵抗のある人は水野敬也さんの「精神科をハシゴしよう」を読むことをオススメします。私もこれを読んで当時精神科に行きました(笑)

今の会社以外にも会社はある

不安になると視野が狭くなって「自分はどこに行ってもダメなのではないか」等のネガティブな思考に巻き込まれてしまいがちです。
ただ本人が「自分がダメ」と思っていても、「その会社に合っていないだけ」だったり「そもそもその会社が良くない会社」という可能性もあるわけです。

不安になっている時にこそ「会社は今の会社だけじゃない」「他にも会社はある」という視点を持っておくことが重要です。

仮に転職をする際には就業しながらの転職をしましょう。
(退職してから転職をすると決まらなかった時の焦りが大きくなって会社選びに失敗してしまう可能性もあります)

※オススメの転職サービスは文末にまとめています。

「不安」はあった方がいいのか?

先日テレビ番組「世界一受けたい授業」でサントリーの広告などでおなじみの作家の伊集院静さんが出演、このような発言があったそうです。

「若者よ!常に不安であれ!」

私は番組を見ておらずTwitterの反応だけを見ていたのですが、この意見に反対する人が多いという印象でした。

不安というのは持っていて気持ちのいいものでもないですし、誰しも不安ではありたくないというのは本音でしょう。

ただ、私個人としては「常に不安であれ」というのはある種、その通りだなと感じます。

目の前に不安があると早くどうにかこの不安が消えて欲しい、不安がなく生きていきたいとその時は思うものですが、後から振り返ってみると「あの時の不安や焦りがあったからこそ今がある」というのが経験としてあります。
誰かに気を遣うことができたり、同じようなことが起きた時に「どうにかなる」と思えたり…

目先に不安があるときは「不安なんかほしくない」と思うのはその通りなのですが、あとから見ると有益だったということも多いです。

だからといって不安が軽減されるわけでもないのですが、「この不安も将来役に立つのかも」という視点も頭のどこかにおいておくと、さらに視野が広がりそうです。


もし転職の段取りが決まっていなかったら
オススメしたいサイト

これから転職を始めようという人に当サイトのおすすめ転職関連のサービスを紹介します。まだどうやって転職を進めるか決まっていない場合に参考にしてみてください。
転職をより有利に進めるには求人数はもちろんのこと、転職についての情報を多く持っている大手のサービスがオススメです。(すべて登録無料)

リクナビNEXT(転職サイト)

求人最大手リクルート系列の運営する転職サイトです。日本最大級の転職サイトなのでここにしか掲載されていない限定求人が87%も。転職を始めようと思った時にはまずはここから。自分の強みが簡単に把握できる「グッドポイント診断」もおすすめです。

リクナビNEXT
公式サイトへ
リクルートエージェント(転職エージェント)

リクルートグループの強みもあり、扱っている非公開求人数が9万件以上。転職エージェントの中でも圧倒的な件数があるのが特長。また土日や平日の夜20時以降も相談できる体制ができている ので忙しい方にも使いやすい会社です。30万人以上の転職成功実績があり、多くの人が年収アップに成功しています。

リクルートエージェント
公式サイトへ
JACリクルートメント(転職エージェント)

外資系・海外系の転職に強みを持っている転職エージェント。エグゼクティブ・高年収求人に特化しており、30〜40代からさらにステップアップを目指している人にオススメです。日本国内だけではなく、グローバルを視野に入れて活躍したいという人は必見です。

JACリクルートメント
公式サイトへ