5月です。ゴールデンウィークです。

毎年大型連休になるこの時期、多くの社会人は休みとなりますが、「うちの職場は休みじゃない…」という人も多いのではないでしょうか。

一般的に大型連休と言われているものの、世の中にはゴールデンウィークでも休めない仕事があります。

私が前に勤めていた飲食店もそうですし、病院など生活を支えてくれる職場、アパレルなどのサービス業、旅行業界、あるいはただのブラック企業などいろいろな環境があるでしょう。

結婚している人であれば、夫や妻が出勤で連休が取れないという人もいるかもしれません。

休めないという不満が心の中でくすぶりつつも、どこかで愚痴をいって我慢するという人に向けて自分自身の体験も踏まえて書いてみました。

ぜひこの記事をきっかけに現状の不満から抜け出す方法を少しでも考えていただけたらと思います。

連休が取れないことに不満があるなら休むために動き出そう

私はゴールデンウィークに休めない人を非難したり、「転職しよう」と煽ったりしたいわけではありません。

今回、考えてほしいなと思うのは「別に今の仕事にこだわりがあるわけでもないんだけど、連休が取れないことには不満。でもアクションを起こすわけでもない」という人です。

私自身が「アクションを起こさなかった人」でした

率直に言うと飲食業で働いていた時の私自身がまさに「不満があるけど行動しない」という人でした。

私自身も前職時代に特にどうしても飲食業を続けたいと思っていたわけではありません。

そしてゴールデンウィークに全く休めず何となく不満があったものの、アクションを起こしていませんでした。

実際職場の同僚もみんな働いていましたし、「そういうものか」という考えもありました。

ちゃんと休めて感動した話

不満を持ちつつも新卒で入社した飲食業を5年近く過ごし、ついに限界が来て退職。

その後、IT企業に転職。

現在は大型連休など、暦上の休日はきちんと休めているのですが、思っていることとしては「こうやってちゃんと休めるのであれば、もっと早くアクションしておけばよかった」ということです。

本当に素晴らしいですし、なんであんなにムダな時間を…って過去のことを思いますよ。

会社全体が休みなので緊急の連絡が入ることもないですし、ゴールデンウィークにきちんと休めている学生時代の同期や、交際している一般的な休みの彼女と(家族や子供などがいれば家庭で)普通に気兼ねなく堂々と遊びにいけるんです。

次の日を気にせず思いっきり遊べます。

仕事のことを正々堂々、一切忘れられるというのは感動に値するレベルです。

本当に「なんであんなに無駄に我慢していたんだろう」とよく思います。

愚痴が出たらイエローカード

ネットで匿名掲示板や、Q&Aサイトを見ていたりすると「連休に休めない人、愚痴りましょう」といった書き込みを見かけます。

同じような境遇の人を探して「自分だけじゃないんだ」と心を落ち着かせたい心境なのかと思います。

このようにどこかに愚痴を書き込んだり、居酒屋などで休日が取れない環境について愚痴が口から出てくるようになったらイエローカードです。

愚痴が言葉にして出てくるようになっている時には心に結構なストレスが溜まっています。

そして不思議なものなのですが、不満不平を愚痴として言葉にすると自分の中に悶々とした気持ちが広がっていくことが多いです。

一般的に愚痴を言うと発散できると思われがちですが、実は心の膿となっています。ぜひ愚痴っている時に自分の心境を確認してみてください。おそらく「もやっ」とした気持ちが広がっているはずです。

ストレスを解消しているつもりが自分の心の中にストレスを貯め続けている状態になっているというわけです。

本当に「ちゃんと休める」会社は存在する

私自身、新卒で飲食業に入って大型連休は休み無しで働いていたため「そういうものかな」と思っていました。

ただ、声を大にして繰り返して言いたいのは「ゴールデンウィークにちゃんと休める会社は探せばある(しかもかなりの数存在する)」ということなんですね。

自分自身が休みが取れなくても我慢するという無駄な時間を過ごしてしまったので、同じ体験をしている人はまず休める会社を探してみてほしいんです。本当に普通にあちこちに存在するので。

休みたいなら転職を選択するのが一番手っ取り早い

ゴールデンウィークに休めない時、対処法としてすぐに考えられるのは以下3点です。

  • 我慢する
  • 会社の環境を自ら変える
  • 転職する

順に説明します。

我慢する

「我慢する」は居酒屋などで愚痴を言い続けながら「でもしょうがない」と済ませてしまうことです。

対応方法というよりもやり過ごす感じですね。

連休を取れない環境から取れる環境へ実際に移り変えた身からするとその我慢の時間がもったいないなと思うのですが、一方で本人の問題なので「それでもいい」という場合にはそれでもいいのかと思います。

会社の環境を自ら変える

「会社の環境を自ら変える」は今いる会社を変えてしまおうという考え方ですね。

ここまでの行動力と実行力があれば今後の社会人生活でも大活躍できそうな気がします。

この3つの中では一番労力がかかると思われますが、達成した時の喜びはひとしおでしょう。

転職する

最後に「転職する」です。

転職経験者としては転職するのが一番手っ取り早く不満が取り除けると思います。

間違えないでほしいのは「会社を変えたり転職をしたりすることが素晴らしい」と言いたいわけではありません。

人の生き方は人それぞれなのでそこに口出しするつもりももちろんありません。

ただ、愚痴を言うほどの不満がありながらそれを我慢し続けるのは精神的に不健康じゃないか、とか、自分自身の人生の時間の無駄遣いではないかと思ったりするのです。

実際、私もちゃんと休めるようになってずいぶんと経ちますが「あんなに我慢してたの時間のムダだったなー」と思いますし…。

何度も繰り返しますが、私は転職で会社を変えて本当にしっかりと休みが取れるようになって感動しました。

「つらい」「休みたい」と思っている人は、きちんと休むためにまずは最初の一歩を踏み出すことをオススメします。

休める会社って世の中にごまんとありますし、ちゃんと休めるって本当に素晴らしいですよ。

もし転職の段取りが決まっていなかったら
オススメしたいサイト

これから転職を始めようという人にオススメ転職関連のサービスを紹介します。まだどうやって転職を進めるか決まっていない場合に参考にしてみてください。
転職はどれくらい情報を掴めるかがカギになっているので転職サイトと転職エージェントに登録して求人幅を広げ、口コミサイトで会社の情報収集をするいう方法をおすすめしています。(すべて登録無料)

リクナビNEXT(転職サイト)

求人最大手リクルート系列の運営する転職サイトです。日本最大級の転職サイトなのでここにしか掲載されていない限定求人が87%も。転職を始めようと思った時にはまずはここから。自分の強みが簡単に把握できる「グッドポイント診断」もおすすめです。

リクナビNEXT
公式サイトへ
リクルートエージェント(転職エージェント)

リクルートグループの強みもあり、扱っている非公開求人数が9万件以上。転職エージェントの中でも圧倒的な件数があるのが特長。また土日や平日の夜20時以降も相談できる体制ができている ので忙しい方にも使いやすい会社です。30万人以上の転職成功実績があり、多くの人が年収アップに成功しています。

リクルートエージェント
公式サイトへ
キャリコネ(口コミ情報サイト)

転職の際に特に気になる企業の情報を集めるためのクチコミサイト。転職活動をする際にはまずここに登録しておいて時間のある時に自分自身で情報収集をすることが重要です。面接などで聞きにくい給与の情報や休日出勤・残業の状態などが詳細にわかります。

キャリコネ
公式サイトへ